EV・HEV用パワーコントロールユニットと車載モータの冷却・放熱技術

★自動車用パワーエレクトロニクスの実用設計段階におけるキーテクノロジー!  必要となる基礎知識から、現状・今後の自動車用冷却システムの技術動向まで把握できます。


講師


森本 雅之 先生


*ご略歴:
 28年間三菱重工業にてパワーエレクトロニクス、モータの研究開発を行う。
 2005年より2018年まで東海大学教授として 研究及び教育を行う。

*ご専門および得意な分野・研究:
 自動車用パワーエレクトロニクス、誘導モータ、リラクタンストルク応用モータなどの各種モータの設計、制御、及びパワーエレクトロニクスの産業応用に取り組んでいる。

*本テーマ関連のご活動:
 電気学会フェロー、IEEE会員。電気学会論文誌編修長、技術士試験委員、電気主任技術者試験委員などを歴任。
 著書は「入門インバータ工学」(森北出版)、「電気自動車」(森北出版)、「交流のしくみ」(講談社ブルーバックス)など多数あり。

受講料


1名46,440円(税込(消費税8%)、資料・昼食付)  


*1社2名以上同時申込の場合 、1名につき35,640円      


*学校法人割引 ;学生、教員のご参加は受講料50%割引。


セミナーポイント


 昨今、世界的に電動車両の普及機運が盛り上がっており、ハイブリッド自動車や電気自動車などの電動車両の開発が活性化している。 EV、HEVの最重要コンポーネントとしてパワーコントロールユニット(PCU)と駆動モータがある。モータ、PCUともパワーエレクトロニクス技術の応用機器であるが、自動車用に特化して開発が行われている。いずれについても、冷却放熱技術が実用化のキー技術となる。
 そこで本セミナーでは、電動車両の基本であるPCUとモータについて、それらの実用設計でのキー技術である冷却・放熱技術について解説する。電気自動車、ハイブリッド電気自動車だけでなく、パワーエレクトロニクス機器に関連した設計技術者、及び研究開発に携わる技術者にとって一つの指針となるようなセミナーとする。
 
○受講対象:
 自動車関連、電気機器関連の技術関係者 電気系、機械系、材料系など専門は問わない。

○受講後、習得できること:
 ・冷却技術に必要な伝熱についての基礎知識が習得できる。
 ・現在市販車に使われているPCUとモータの冷却についての概要が理解出来る。
 ・今後の自動車用冷却システムの技術動向が理解できる。


セミナー内容


1.EV・HVのパワートレーンの概要
 1.1 EV・HVをとりまく環境と市場動向
 1.2 自動車用エレクトロニクス
 1.3 EV・HVのパワートレーンの構成
 1.4 各種のハイブリッドシステム

2.PCUの基本
 2.1 PCUの機能
 2.2 電力変換とは
 2.3 インダクタンス
 2.4 キャパシタンス
 2.5 DCDCコンバータ

3.自動車用インバータの技術

 3.1 自動車用パワーエレクトロニクス
 3.2 インバータ回路
 3.3 インバータ制御
 3.4 EMCと信頼性

4.自動車用モータの基本
 4.1 モータの原理と機能
 4.2 トルク特性
 4.3 モータの制御
 4.4 モータの絶縁設計

5.伝熱の基礎

 5.1 伝熱とは
 5.2 熱伝導
 5.3 熱伝達
 5.4 熱抵抗網
 5.5 過渡熱抵抗

6.PCUとモータの発熱メカニズム
 6.1 パワーデバイスの発熱
 6.2 コンデンサ、リアクトルの発熱
 6.3 モータの発熱

7.各種の冷媒
 7.1 空冷
 7.2 水冷
 7.3 油冷
 
8.PCUの冷却・放熱技術
 8.1 PCUの内部構造
 8.2 PCUの上限温度
 8.3 各社のPCUの概要
 8.4 各社のPCUの冷却システム

9.モータの冷却・放熱技術
 9.1 モータ内部の伝熱
 9.2 モータの上限温度
 9.3 各社のモータの概要
 9.4 各社のモータの冷却

10.冷却・放熱技術の将来動向
 10.1 IGBTの動向
 10.2 ワイドバンドギャップ半導体
 10.3 研究動向に見る冷却

  <質疑応答>