レーザ入門セミナー 〜レーザ加工の基礎および産業用レーザの市場動向〜

半日速習! 各種加工用レーザーの基礎と特徴から、

溶接をはじめとする加工法と周辺技術、市場動向までまるっと解説!


★ 大阪大学名誉教授でもいらっしゃる、片山先生にご登壇頂きます!


講師


株式会社ナ・デックス レーザR&Dセンター
センター長 博士(工学) 片山 聖二 先生

■ 経歴

昭和56年 大阪大学溶接工学研究所助手
平成9年 大阪大学接合科学研究所助教授
平成14年 大阪大学接合科学研究所教授
平成25年 大阪大学接合科学研究所長
平成28年 大阪大学退職 大阪大学名誉教授(現在)
平成28年 ナ・デックス 技術統括フェロー/レーザR&Dセンター長(現在)

■ 専門および得意な分野・研究
レーザ加工(プロセス学)、溶接、材料加工

■ 本テーマ関連学協会での活動
レーザ加工学会、溶接学会、日本溶接協会


受講料


1名41,040円(税込(消費税8%)、資料付)
*1社2名以上同時申込の場合 、1名につき30,240円
*学校法人割引 ;学生、教員のご参加は受講料50%割引。


セミナーポイント


■ 講座のポイント 
 実際に利用されてきている各種レーザとそれぞれの特徴を報告し、それぞれの応用・適用技術や利用分野について紹介する。医療分野でのレーザ適用例についても紹介する。

■ 受講後、習得できること
・各種レーザとその特徴および市場動向
・いろんなレーザ加工法とその特徴および動向
・各種産業分野におけるレーザ加工の適用・応用例と動向

■ 受講対象
・レーザの適用を考えておられる方
・レーザとレーザ加工について興味がある人
・レーザとレーザ加工の動向を知りたい人
・レーザ加工経験者
・レーザ加工で問題を抱えておられる方

■ 講演中のキーワード
・レーザ(レーザー)
・レーザ加工
・レーザ溶接
・レーザ切断
・ファイバレーザ
・半導体レーザ
・フェムト秒レーザ
・自動車


セミナー内容


1.レーザとレーザ加工の基礎
 1-1 レーザの特徴
 1-2 レーザの発振原理
 1-3 加工用レーザとその特徴
 1-4 光ファイバの種類とその特徴
 1-5 レーザビーム品質の定義
 1-6 レーザの反射、吸収、透過、屈折
 1-7 レーザ加工に及ぼす偏光の影響
 1-8 レーザと物質の相互作用
 1-9 レーザ加工中の材料の温度分布と板の変形

2.加工用レーザとその特徴
 2-1 CO2(炭酸ガス)レーザとその特徴
 2-2 YAG(ヤグ)レーザとその特徴
 2-3 エキシマレーザとその特徴
 2-4 半導体レーザとその特徴
 2-5 ディスクレーザとその特徴
 2-6 ファイバレーザとその特徴
 2-7 高調波固体レーザとその特徴
 2-8 ピコ秒レーザ、フェムト秒レーザとその特徴
 2-9 加工用レーザの動向

3.各種レーザ材料加工法およびその周辺技術の特徴
 3-1 各種レーザ加工法とその特徴
 3-2 レーザ溶接と溶接現象
 3-3 レーザによるテーラードブランク溶接
 3-4 レーザによるリモート溶接
 3-5 レーザ溶接のモニタリング
 3-6 レーザ溶接時のOCT法によるキーホール深さ計測
 3-7 レーザ溶接の適応(フィードバック)制御
 3-8 レーザ穴あけ加工
 3-9 レーザ微細加工(アブレーション加工)
 3-10 金属材料のレーザ切断
 3-11 ガラスなど非金属のレーザ切断とレーザ割断
 3-12 レーザマーキング
 3-13 レーザ焼入れ(変態焼入れ硬化処理)
 3-14 レーザクラッディング(肉盛)と3Dプリンティング
 3-15 レーザクリーニング(表面清浄化)
 3-16 レーザピーニング
 3-17 半導体リソグラフィおよびTFTアニーリング
 3-18 レーザ加工の動向

4.各種工業分野におけるレーザ加工の適用・応用例と動向
 4-1 自動車分野
 4-2 鉄道車輌・航空機
 4-3 造船・橋梁・重工業分野
 4-4 エレクトロニクス・電機分野
 4-5 材料(鉄鋼・軽金属等)製造分野
 4-6 板金・金型・眼鏡・宝石(装飾品)、医療分野

<終了後、質疑応答>