経営企画スタッフ基礎講座

開催日時・会場


セッション-1    2019年03月07日(木曜日) 10:00~17:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)
セッション-2    2019年03月08日(金曜日) 10:00~17:00
企業研究会セミナールーム(東京・麹町)


※2日間の講座となります。


【受講対象】


経営企画部、事業部企画部門などにおいて、経営戦略立案を担当される方


【講師】


エヌ・コンサルタンツ 代表取締役  西村 健一氏


【受講料】


会員:54,000円(本体 50,000円)/一般:59,400円(本体 55,000円)


※会員価格適用については、企業研究会会員が対象となります。
(ご所属の企業様の会員登録有無がご不明な場合は、
 すぐにお調べ可能ですのでお気軽にお問い合わせください。)
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。


【プログラム】


開催にあたって


   経営企画部門、事業部企画部門などの新任、若手スタッフを対象に、経営企画部門が果たすべき役割、戦略立案の基本スキーム、中長期戦略立案のポイント、またマネジメントの基本について体系的かつ平易に解説致します。


1.経営企画部門が果たす役割 
      (1)経営企画部門とは何か
               ・企業における経営企画部門の位置づけ
               ・経営企画スタッフに求められる基本スキル


      (2)経営戦略とは何か
               ・経営戦略が有する4種類の機能
               ・経営戦略を規定する4種類の要素


2.戦略立案のための基本スキーム(1) 『事業領域分析』 
      (1)事業コンセプトと事業ドメイン
               ・経営ビジョンの分析、立案手法
               ・事業ドメイン分析手法
                        CVCC分析、パレート分析
               ・事業ポートフォリオ分析手法
                        PPM、ナイン・ボックス・マトリクス


3.戦略立案のための基本スキーム(2) 『外部環境分析』
      (1)マクロ・ミクロの分析手法
               ・マクロ環境分析手法とその着眼点
                        PEST分析
               ・ミクロ環境分析手法とその着眼点
                        5Force分析
               ・環境変化をとらえる7つの視点


4.戦略立案のための基本スキーム(3) 『内部環境分析』
      (1)財務分析の基礎
               ・経営企画に求められる財務分析の観点
               ・財務分析の実際
                        収益性分析、生産性分析、安全性分析、損益分岐点分析、キャッシュフロー分析 等


      (2)組織構造分析
               ・組織/ 人員体制分析
               ・生産/ 商品開発能力分析
               ・会計管理、オフバランス資産分析


5.中長期戦略立案のポイント(1) 『コンセプトメイク』
      (1)中長期ビジョンの明確化
      (2)戦略立案の代表的手法
               ・SWOT分析からの展開
                        競争戦略、機会-脅威マトリクス、成長マトリクス


6.中長期戦略立案のポイント(2) 『スキーム構築』
      (1)代表的なビジネスモデルの理解
               ・プロフィットに着目した9つの類型


      (2)ビジネススキームの構築  ~モデルからシステムへ
               ・自社のバリューチェーンのシステム化
               ・6つのメイン機能と4つの管理機能


7.中長期戦略立案のポイント(3) 『戦略実践』
      (1)業績目標設定の実際
               ・業績目標の展開とロードマップ検討


      (2)経営資源最適化計画
               ・アクションプログラムへの展開手法
                        フェーズ管理法、ガントチャート等
               ・経営資源への展開
               ・予想財務諸表作成手順


      (3)リスクチェック