~高機能画像センシング~プログラマブルセンサや能動光学系によるコンピュテーショナルフォトグラフィ

 従来のカメラの性能向上は、光学系やセンサの直接的な改良によりもたらされてきました。しかしながら、このようなハードウェアのみによる性能向上は現在限界を迎えつつあります。 それに対して、光学・エレクトロニクスなどのハードウェア技術と、コンピュータグラフィクス・ビジョンなどのソフトウェア技術を組み合わせ、画像計測パイプライン全体の最適化を行うコンピュテーショナルフォトグラフィやコンピュテーショナルイメージングと呼ばれる研究が発展しています。具体的には,画素毎に露光をコントロールできるプログラマブルセンサやLCoSやアクチュエータを用いた能動的な光学系により光線のサンプリングの工夫や’符号化により高機能な画像センシングを実現し、カメラの性能向上を図ります。

 本セミナーでは、カメラの光学PSFやセンサのサンプリングタイミングを制御するハードウェアオペレーションと計測画像を計算機上でソフトウェア復号・推定することで、安定にボケ復元、3次元形状復元、ライトフィールド、高速動画を生成する手法を実装例とともに解説します。

【講師】


長原 一(ながはらはじめ)氏:大阪大学 データビリティフロンティア機構 教授(博士(工学))


【プログラム】


1 カメラの発展

2 レンズ光学の基礎
 2.1 レンズの役割
 2.2 焦点距離,F値,シャッタ速度
 2.3 画角
 2.4 焦点深度,被写界深度
 2.5 収差

3 撮像センサ
 3.1 CCD,CMOS撮像センサ
 3.2 グローバルシャッタ,ローリングシャッタ
 3.3 カラーフィルタ

4 画像処理,デジタルフィルタの基礎
 4.1 ローパスフィルタ,ハイパスフィルタ
 4.2 フーリエ変換,デコンボリューション

5 ボケ復元のための符号化撮像
 5.1 符号化開口
 5.2 フォーカススイープ
 5.3 ウェーブフロントコーディング
 5.4 Depth from Defocus
 5.5 符号化露光

6 ライトフィールド
 6.1 カメラアレイ
 6.2 プレノプティックカメラ
 6.3 ライトフィールドレンダリング

7 サンプリングの符号化
 7.1 圧縮ビデオセンシング
 7.2 動的フォトメトリックステレオ
 7.3 動的構造化照明ステレオ

8 まとめと将来


【受講料】


・お1人受講の場合 46,000円[税別]/1名
・1口でお申込の場合 57,000円[税別]/1口(3名まで受講可能)


 受講申込ページで2~3名を同時に申し込んだ場合、自動的に1口申し込みと致します。 


      


      


エンジニアのための役立つ情報サイト
月刊ビッグライフ21 BigLife21 私たちは全国420万中小企業の代弁者です。