スラリーの基礎と評価技術 〜スラリーの特性から調製、プロセスへの応用まで〜

液中での粒子分散の基礎理論(DLVO理論)からレオロジー特性、
粒子分散評価手法まで丁寧に解説します!

スラリー評価の応用例も具体的に解説!


講師


法政大学 生命科学部環境応用化学科 教授 博士(工学) 森 隆昌 先生


受講料


1名46,440円(税込(消費税8%)、資料・昼食付)
*1社2名以上同時申込の場合 、1名につき35,640円
*学校法人割引 ;学生、教員のご参加は受講料50%割引。


セミナーポイント


■ この講座を受講して得られる情報・知見:
・液中での粒子分散の基礎理論(DLVO理論)
・液中での粒子分散評価手法
・粒子分散評価結果と製品特性の関係性


セミナー内容


1.イントロ スラリー評価の前に知っておきたいこと

2.液中粒子の分散・凝集を支配する因子
 2-1.DLVO理論
 2-2.非DLVO力

3.基本的な物性の評価手法
 3-1.粒子径分布
 3-2.粒子の濡れ性
 3-3.粒子のゼータ電位
 3-4.粒子への分散剤吸着量

4.スラリーのレオロジー特性評価
 4-1.流動挙動の種類
 4-2.流動性評価法
 4-3.流動性評価の実例
 4-4.見かけ粘度の測定で注意すべきこと
 4-5.動的粘弾性の評価

5.スラリー中の粒子集合状態評価技術
 5-1.重力沈降,遠心沈降試験
  5-1-1.測定原理及び実験方法
  5-1-2.測定結果の実例
 5-2.静水圧測定法
  5-2-1.測定原理及び実験方法
  5-2-2.測定結果の実例
 5-3.ナノ粒子の分散・凝集状態評価(浸透圧測定法)
  5-3-1.測定原理及び実験方法
  5-3-2.測定結果の実例
 5-4.希薄系での直接観察

6.スラリー評価の応用例
 6-1.噴霧乾燥(スプレードライ) 中実球形顆粒を作るには?
 6-2.リチウムイオン電池正極 多成分スラリーを評価するには?
 6-3.チタン酸バリウム シート成形で成形体密度を制御するには?

7.まとめ
 

 <質疑応答>