腸内細菌叢の臨床的応用とデータの取得・解析

“腸内細菌叢”の研究を支えるサンプル採取、
データの取り方、解釈の仕方とは?
 日進月歩である腸内細菌と疾患の関わり研究の最近知見を紹介!


講師


【第1部】 東京農業大学 生命科学部 分子微生物学科 教授 野本 康二 氏

【第2部】 医薬基盤・健康・栄養研究所 ワクチン・アジュバント研究センター 
               センター長 國澤 純 氏


受講料


1名につき55,000円(消費税抜き/昼食・資料付き)   
〔1社2名以上同時申込の場合1名につき50,000円〕


プログラム


【10:00〜12:00】
【第1部】 腸内細菌叢の機能と疾患との関連性
講師 東京農業大学 野本 康二 氏 


専門分野
腸内細菌叢、プロバイオティクス

略歴
◎昭和54年3月   東京農工大学農学部獣医学科卒業、獣医師
             (株)ヤクルト本社に入社、同・中央研究所入所
◎平成29年3月    (株)ヤクルト本社を退社
◎平成29年4月〜  東京農業大学生命科学部分子微生物学科 教授
この間、
◎昭和57〜59年   九州大学生体防御医学研究所免疫部門 研究生
昭和63〜平成元年  科学技術庁放射線医学総合研究所薬理化学部研究生
および平成5〜6年 
◎平成元年〜4年  米国コロンビア大学癌センター、postdoctoral fellow
平成9〜11年      国立国際医療センター研究所適正開発・移転研究部 研究生
◎平成17年4月〜  順天堂大学大学院プロバイオティクス研究講座 客員教授
◎昭和62年9月    静岡薬科大学(現 静岡県立大学薬学部)より薬学博士号を拝受


講座主旨
 近年、ヒトと共生関係にある腸内菌叢の我々の健康への影響について関心が高まっている。この背景として、分子微生物学的な解析により複雑多様な微生物生態系の構造や機能の理解が進んだことが大きい。さらに、臨床領域における腸内細菌叢と疾患の関わりに関する研究も飛躍的に進展している。本講演では、腸内細菌叢の基本的理解をはじめとして、臨床的応用に至る最近の知見を紹介する。

講演内容】
1.腸内細菌叢の基本的理解
  ・腸内フローラ⇒microbiota, microbiome
  ・腸内細菌叢の構造解析法
  ・世界に広がった腸内細菌叢解析
  ・Agingと腸内細菌叢

2.腸内細菌叢と疾患との関わり
  ・腸内細菌叢の恒常性:colonization resistanceとは
  ・腸内細菌叢の異常⇒疾患誘導:肥満、腸管疾患、腸管外疾患
  ・代謝性内毒素血症とは

3.腸内細菌叢の制御による疾患予防や治療補助の可能性
  ・食事(栄養)の重要性
  ・便微生物移植(fecal microbiota transplantation)
  ・プロバイオティクス、プレバイオティクス、シンバイオティクス
  ・新規な内在性腸内細菌の可能性


【質疑応答】


【13:00〜16:30】
【第2部】 腸内細菌叢研究とデータの取得・解析
講師 医薬基盤・健康・栄養研究所 ワクチン・アジュバント研究センター 國澤 純 氏 


専門分野
ワクチン開発、腸内細菌、機能性食品、創薬、粘膜免疫


講座主旨
 近年、「腸内フローラ」とも呼ばれる腸内に存在する細菌叢と健康との関連が注目されている。本セミナーでは腸内細菌叢の研究の最新動向と実際の解析のためのアウトラインについて紹介したい。

講演内容
・腸内細菌と健康との関わり
・食や薬と腸内細菌との相互作用
・腸内細菌データ取得について
・腸内細菌データの解析について
・健康社会実現に向けた腸内細菌研究への期待

【質疑応答】