1日速習!「塗料・塗膜」入門〜塗料原料から、塗膜の形成・評価・不具合劣化対策まで〜

経験豊富な講師が自動車用塗料を中心に塗料・塗膜を詳解!
事前にご質問頂ければ、可能な範囲で追加資料も準備します

セミナー講師

ステンレスペイント有限会社 技術開発 技術顧問 長尾 五郎 先生
 *元・日本ペイント株式会社 自動車塗料事業部 技術部長
■ご略歴:

1972年3月:北海道大学理学部化学科卒業
1972年4月:日本ペイント株式会社入社、同5月自動車事業本部 大阪技術部に配属
1973年4月:部署全体が寝屋川事業所に移動:自動車用中上塗塗料の設計開発・ライン対応に従事
1977年7月:愛知事業所・自動車塗料事業本部愛知に異動:自動車用中上塗
      塗料の設計開発・ライン対応に従事(特にトヨタ、ホンダ、スズキ、三菱自動車をご担当)
1989年4月:東京事業所・自動車塗料事業本部東京に移動:自動車用中上塗
      塗料の設計開発・ライン対応に従事(特に日産、いすゞ、ホンダ、富士重工、関東自動車等トヨタ関係、三菱、韓国Pj、海外技術支援業務等もご対応された)2000年からは技術部長になられる
2003年10月:購買本部・東京支部に移動:副本部長
2005年4月:東京事業所・自動車塗料事業本部東京に移動、技術部長
2007年7月:日本ペイント株式会社を定年退職
2007年10月〜2010年1月:Nippon Paint Vietnam(Hanoi) Co.,Ltd.
2010年7月〜2016年5月:KFアテイン株式会社・技術最高顧問
2011年7月〜現在:ステンレスペイント有限会社・技術顧問
現在に至る
■ご専門領域:
○自動車新車用中上塗料全般の
 ・研究開発・改良設計技術
  (日本の自動車メーカーの殆どをご担当。海外ではGM、三星自動車(韓国)等をご担当)
 ・塗装技術、塗装設備技術全般
 ・塗料用原材料評価技術、探索技術全般
 ・塗料塗膜評価技術全般(各社SPEC含む)
 ・自動車塗装ラインサービス等対応技術全般(営業フォロー等)
 ・技術部門マネージメント
○購買技術
○海外支援技術
■得意分野・研究:
・自動車用中塗り上塗の研究開発及びライン導入
・塗料原材料の評価
・塗膜評価特に寿命解析
など

セミナー受講料

1名47,300円(税込(消費税10%)、資料・昼食付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき36,300円
 *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。

セミナー趣旨

塗料は色々な原料から設計されている。塗料の原料や製造の概要を知って貰いたい。塗料は塗装により塗膜を形成する。自動車用塗料を中心に塗膜構成や塗装工程の概要を解説する。塗膜は出来上がるまでに色々と不具合を発生する可能性があるので、その原因・対策の概要を解説する。出来上がった塗膜の初期性能の評価や長期耐久性に関する不具合やその対策について解説する。

受講対象・レベル

本テーマに興味の有る方なら、どなたでも受講可能です。

必要な予備知識

特に無くどなたでも聴講結構です。望ましくは高校卒業レベルの化学の知識有れば良いと思います

セミナープログラム

1.塗料原料
 1-1.塗料塗装の目的
 1-2.塗料原料の概略
 1-3.塗料用樹脂
  1-3-1.アルキッド樹脂
  1-3-2.アクリル樹脂
 1-4.顔料
 1-5.添加剤
 1-6.溶剤

2.塗料製造

 2-1.予備混合〜分散
 2-2.調合〜出荷

3.塗膜形成
 3-1.塗膜形成の分類1
  3-1-1.ラッカータイプ
  3-1-2.橋かけタイプ
 3-2.塗膜形成の分類2
  3-2-1.硬化形式:溶剤揮発形
  3-2-2.加熱溶融型
  3-2-3.常温硬化型
  3-2-4.焼付型
  3-2-5.エネルギー線照射型
 3-3.塗膜形成の分類・塗装方法による分類
  3-3-1.塗装方法1〜3
 3-4.自動車の塗装工程

4.塗膜評価
 4-1.塗料の要求品質
 4-2.自動車塗料の要求品質
 4-3.外観評価法など及びカラートピックス

5.塗膜の不具合・劣化対策
 5-1.前処理工程での不具合と対策
 5-2.電着塗料・電着工程での不具合と対策
 5-3.中上塗塗装工程と中上塗料の不具合と対策
 5-4.耐久性能での不具合=劣化と対策

<質疑応答・個別質問・講師との名刺交換>