管理者とリーダーのための業務の「見える化と改善」セミナー

【12月・東京開催】

「業務プロセス設計手法」をコンパクトに1日で習得!


 スタッフ業務・マネジメント業務における様々な課題(業務の重複や責任権限の曖昧さ、プロセスの不明確さや連携の悪さなど業務の中に潜む問題点・課題点)を明確に整理し、業務の流れとポイントを「見える化」する「業務プロセス設計手法」を習得します。
 これにより、業務を大局的に把握し、具体的な改善につなげていくことが可能となります。


日時


2019年12月12日(木) 9:20~17:30 【1日間コース】

同じ内容で開催日が異なるセミナーがあります。
(このページのいちばん下でご案内しています)


講師


運営委員を中心とする経験豊富な講師が指導にあたります。


参加費


34,000円(一般)/ 29,000円(会員)*税抜き


 参加者の所属企業が日科技連賛助会員の場合は、その旨を申し込みフォームの備考欄に記入してください。不明の場合は「会員不明、調査希望」と記入していただければ、当方で調査します。
 またこれを機会に入会を検討したい場合は、「入会検討のため資料希望」と記入してください。案内資料を送付し、セミナー正式受け付け以前にご入会いただくと、会員価格でご参加いただけます。


特徴


業務プロセス設計手法により、以下の効果が期待できます。

 ① 目的・目標・結果指標のつながりを明確にする
 ② 施策・オペレーション・寄与関係・先行指標などのつながりを明確にする
 ③ 業務プロセスの中にある無駄や重複などを可視化し、業務の効率を上げる
 ④ 各プロセスで保証すべき項目を明確にし、全体的なレベルアップをはかる
 ⑤ 関連部署との業務のつながり方を明確にすることで、部門間の分担や連携のポイントを
   明確にし、円滑な業務遂行を助ける
 ⑥ 遅れや失敗など業務に不具合が生じた時に、個人の問題としてではなく「業務そのもの」
   を見直して、改善につなげる
 ⑦ 大局的に業務のレビューを行うことで、成功や失敗のターニングポイントを明確にする。
   また、次年度への対策を導き出し、有効な方針管理につなげる
 ⑧ 新規業務など進め方が明確にならない業務の場合、業務を俯瞰的に設計することで
   進め方や保証項目を明確にする

●「業務プロセス設計手法」をコンパクトに1日で習得していただけます。


対象


・企業のマネージャー・プロジェクトリーダークラスの方
・業種・部門・担当は問いません


カリキュラム


1日コース

第1日 9:20~17:30
■午前
「業務の見える化と改善」のねらい
基本的な考え方(業務機能と業務機能展開)

■午後
組織的イノベーションに向けての業務機能
スタッフ部門における業務マネジメントの進め方
業務計画の効率的な進め方
総合質疑


【同じ内容のセミナー(2019年度)】


第1回 2019年7月19日(金)   開催地:東京
 https://www.monodukuri.com/seminars/detail/5468
第2回 2019年8月26日(月)   開催地:東京
 https://www.monodukuri.com/seminars/detail/5469
第3回 2019年12月12日(木) 開催地:東京【このページのセミナー】

(既に受付を締め切った回もあります。ご了承ください)