フィルム成形の基礎から製膜・延伸過程の技術ポイント・評価法および実際例

フィルムの高性能・高機能化に向けての指針

フィルム成形の種類や特徴・レオロジー等の基礎から、
製膜・延伸過程で起きる種々の現象理解、表面加工や評価法、
トラブル突破の方策まで。


★ 企業・大学でご経験豊富な石原先生が、事例も交え徹底解説!


講師


龍谷大学 Ryukoku Extension Center(REC)
顧問 工学博士 石原 英昭 先生

■ ご経歴:

・東洋紡フィルム研究所 所長 / 先端材料研究所 所長
・京都工芸繊維大学 大学院 教授
・高分子学会プラスチックフィルム研究会 委員長
・プラスチック成形加工学会 関西支部長
・日本レオロジー学会 副会長
などをご歴任

■ ご専門および得意な分野・研究:
・高分子成形
・高分子構造・物性

■ 本テーマ関連学協会でのご活動:
・高分子学会 フェロー
・日本繊維機械学会 フェロー


受講料


1名46,440円(税込(消費税8%)、資料・昼食付)
*1社2名以上同時申込の場合 、1名につき35,640円
*学校法人割引 ;学生、教員のご参加は受講料50%割引。


セミナー開催にあたって


■ はじめに:
 本セミナーでは、高分子フィルムの高性能・高機能化のために留意すべき技術のポイントを解説し、実際例を示すことにより理解を深めることができる。ポリマーのキャラクタリゼーション、構造・物性の評価も入れながら説明を行う。

■ 受講対象者:
 研究開発業務、生産業務、技サ業務など、フィルムに関わる幅広い方々が対象となり、またフィルムの基本を理解しておきたい初心者の方々も対象となる。
 
■ 必要な予備知識:
 フィルムに関し初心者、非専門の方にも役立つよう配慮するので、特に予備知識は必要ない。

■ 本セミナーで習得できること(一例):
・フィルムの基礎知識
・成形技術の知識、理解
・フィルムの不具合内容と対処法
・ポリマー物性とキャラクタリゼーション
・構造・物性評価法
・構造〜物性〜成形技術の関係


セミナー内容


1.はじめに

2.プラスチックフィルムの基礎

 2-1 フィルムの種類と性能・機能
 2-2 フィルム成形技術の種類と特徴
  2-2-1 フィルム成形の基本技術
  2-2-2 溶融製膜と溶液製膜の種類と特徴
  2-2-3 延伸技術の種類と特徴
  2-2-4 フィルム成形におけるポリマーの基本物性
  2-2-5 フィルム成形におけるレオロジー
   1)せん断流動域のレオロジー
   2)伸長流動域のレオロジー

3.製膜過程での現象と課題解決策
 3-1 ダイス出口までの現象
  3-1-1 ポリマーの熱分解、ゲル化、未溶融物
  3-1-2 せん断流動不安定性
 3-2 ダイス出口後の現象
  3-2-1 フィルム表面の欠点
  3-2-2 結晶化に伴う表面特性と課題
  3-2-3 ネックイン現象と発現要因
  3-2-4 ドローレゾナンス現象の基礎
   1)ドローレゾナンス現象とフィルム厚み変動
   2)理論解析によるドローレゾナンス現象の本質
   3)ドローレゾナンス現象の低減策と薄膜化への対応

4.延伸過程での現象と課題解決策
 4-1 延伸による複屈折の発現と応用
 4-2 一軸延伸と配向結晶化および応用
 4-3 二軸延伸、多段延伸と高次構造発現
  4-3-1 延伸条件の適正化への応用
  4-3-2 高次構造モデルとシミュレーション
 4-4 ボーイング現象とフィルム幅方向の物性不均一性
  4-4-1 ボーイング現象の理解
  4-4-2 ボーイング現象低減策

5.製膜・延伸による表面・界面の変化
 5-1 表面加工技術の種類
 5-2 表面分析・評価技術
 5-3 表面・界面変化の事例
  5-3-1 結晶化による表面構造
  5-3-2 微粒子による表面突起形成
  5-3-3 コーテイングにおける留意点
  5-3-4 無機蒸着における留意点
  5-3-5 表面・界面制御による機能化例

6.おわりに

7.質疑応答

 7-1 自由な質疑応答
 7-2 個別相談

■ ご講演中のキーワード:
 キャステイング、延伸、表面・界面、流動不安定性、構造発現、
 ドローレゾナンス現象、ボーイング現象、レオロジー