インクジェット技術の基礎と応用

インクジェットヘッド技術を中心に、技術と製品の現状と
将来に向けた取り組みのほか、応用事例まで解説します!

セミナー講師

山形大学 インクジェット開発センター センター長
産学連携教授 博士(工学) 酒井 真理 氏

ご専門
 インクジェット,流体シミュレーション,プリンテッドエレクトロニクス

学協会
 日本画像学会理事、技術委員会副委員長、フェロー

ご略歴
・学歴
 昭和58年(1983年)3月東京工業大学工学部機械工学科卒業
 昭和60年(1985年)3月東京工業大学大学院総合理工学研究科修士課程修了
 平成17年(2005年)3月東京工業大学大学院総合理工学研究科博士課程修了
・職歴
 昭和60年(1985年)4月エプソン(株)入社
 (同10月にセイコーエプソン(株)に社名変更)
 平成24年(2012年)6月東京大学大学院染谷生体調和エレクトロニクスPJ 研究推進主任
 平成26年(2014年)5月染谷生体調和エレクトロニクスPJ 総括補佐(兼任)
 平成28年(2016年)8月科学技術振興機構ACCEL-FS プログラムマネージャー
 平成29年(2017年)12月より現職

セミナー受講料

49,500円(税込、昼食・資料付)
■ セミナー主催者からの会員登録をしていただいた場合、1名で申込の場合46,200円、
  2名同時申込の場合計49,500円(2人目無料:1名あたり24,750円)で受講できます。
  備考欄に「会員登録希望」と希望の案内方法【メールまたは郵送】を記入ください。
(セミナーのお申し込みと同時に会員登録をさせていただきますので、
   今回の受講料から会員価格を適用いたします。)
※ 2019年10月1日以降に開催されるセミナーの受講料は、お申込みいただく時期に関わらず
  消費税が10%になります。
※ 会員登録とは
  ご登録いただきますと、セミナーや書籍などの商品をご案内させていただきます。
  すべて無料で年会費・更新料・登録費は一切掛かりません。

セミナー趣旨

 インク液滴を吐出してパターンを形成するインクジェット技術は、オフィスや家庭における
書類や写真画像の出力装置に留まらず、産業分野や工業分野の様々な用途に応用展開がなされている。
そこでは、非接触なマーキング技術というインクジェットの特徴が活かされている。
 多様なマーキング材料がインクとして吐出可能であることから、機能材料と応用の組み合わせは
多岐にわたる。このように、インクジェットに代表されるデジタルイメージング技術を
モノづくりに活用する技術を「デジタルファブリケーション」と呼び、幅広い用途開発が
進められている。
 本講習では、インクジェット技術の基礎から応用まで、液滴を噴射するデバイスである
インクジェットヘッド技術を中心に説明する。特に、技術がどのように発展してきたかを知ることで、
技術と製品の現在の位置づけと、将来の発展に向けた取り組みを理解する。
 また、インクジェット応用では、インクジェットの特徴がどのようにモノづくりに
活用されているかを具体的事例をもとに理解する。
 

受講対象・レベル

・プリンター開発設計技術者
・インクジェット応用の技術者、企画担当者
・デジタル印刷関係の技術者、企画担当者
 

習得できる知識

・インクジェットプリンターの技術と市場の歴史
・インクジェットヘッド(液滴噴射装置)の原理と構造
・インクジェット技術の最新動向
・種々のインクジェット応用例
 

セミナープログラム

1.インクジェットプリンターの技術と市場の歴史
  1-1.黎明期:インクジェットプリンターの市場投入
  1-2.発展期:カラーそしてフォトプリントへ
  1-3.普及期:フォトプリントの成熟、ホームユース市場の飽和
  1-4.展開期:フォトプリント後へ

2.インクジェット技術の基礎
  2-1.インクジェットヘッド
    2-1-1.インクジェットヘッドの分類
    2-1-2.連続噴射型
    2-1-3.サーマルインクジェット
    2-1-4.ピエゾインクジェット
      2-1-4-1.ピエゾ効果とインクジェットヘッド
      2-1-4-2.Shear Mode型インクジェットヘッド
      2-1-4-3.Bend Mode型インクジェットヘッド
      2-1-4-4.Direct Mode型インクジェットヘッド
  2-2.インクジェットインク
  2-3.インクジェット用紙

3.高画質化および高速化技術
  3-1.インク滴サイズの微小化
  3-2.大型、ラインヘッド

4.インクジェット技術の最新動向
  4-1.インクジェットヘッドの技術トレンド
  4-2.インクジェットプリンターの技術トレンド

5.インクジェット応用
  5-1.インクジェットの特徴
  5-2.インクジェットの課題と対策
  5-3.種々のインクジェット応用
    5-3-1.デジタルファブリケーションとは
    5-3-2.グラフクス分野
    5-3-3.プリンテッドエレクトロニクス
    5-3-4.ディスプレイ応用
    5-3-5.3Dプリンター
    5-3-6.バイオプリンティング

6.インクジェットの将来展望