【名古屋開催】製造業の不良削減に向けたヒューマンエラーの原因と対策

不良の未然防止とポカヨケの長所と短所
人間の認知特性とヒューマンエラーの関係
ヒューマンエラーを未然に防ぐ仕組みづくりと実行

人間の認知・判断・行動特性を理解し
ミスの起きにくい現場を実現するために


ポカヨケが構築できずヒューマンエラーに苦労していませんか?
人間の特性からどのようなヒューマンエラーが起きるのか理解し、ヒューマンエラーを防止する考え方、方法を習得し、明日から実践しよう

セミナー講師

(株)アイリンク 代表取締役 照井 清一 氏
略歴
産業機械・工作機械メーカー((株)フジ)にて24年間、電子部品組立機の設計・生産技術・品質保証に従事。
2011年に(株)アイリンクを設立し、製造業のコスト削減、販路開拓、原価計算などのコンサルティングを行っている。
中小企業診断士
専門
製造現場(機械系の部品加工、組立)の業務改善、原価低減、不良削減、個別原価計算

セミナー受講料

55,000円( S&T会員受講料52,250円 )
(まだS&T会員未登録の方は、申込みフォームの通信欄に「会員登録情報希望」と記入してください。
詳しい情報を送付します。ご登録いただくと、今回から会員受講料が適用可能です。)
S&T会員なら、2名同時申込みで1名分無料
2名で 55,000円 (2名ともS&T会員登録必須/1名あたり定価半額27,500円)

【1名分無料適用条件】
※2名様ともS&T会員登録が必須です。
※同一法人内(グループ会社でも可)による2名同時申込みのみ適用いたします。
※3名様以上のお申込みの場合、1名あたり定価半額で追加受講できます。
※受講券、請求書は、代表者に郵送いたします。
※請求書および領収証は1名様ごとに発行可能です。
 (申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。)
※他の割引は併用できません。

セミナー趣旨

 製造現場で発生するヒューマンエラーは、時には大きな事故や不良を発生させます。これを防ぐために、多くの製造現場ではミスを起こさない「ポカヨケ」を構築してきました。しかし多品種少量生産のように定型化が困難な現場では、ポカヨケが構築できずヒューマンエラーに苦労しています。このヒューマンエラーは、人間の認知・判断・行動などの特性から生じるため、その特性を理解すれば、ミスの起きにくい作業にすることが可能です。
 本セミナーは、この人間の行動特性を学び、受講者もミスを体感することで、ヒューマンエラーの原理を理解できます。そしてミスの起きにくい方法を紹介し、さらに演習にて、ヒューマンエラーを防止する解決策を考えていただきます。

セミナープログラム

1.製造現場における不良と発生原因
 ○ヒューマンエラーの分類と発生原因
 ○手順の順守とヒューマンエラーの関係

2.不良の未然防止とポカヨケ
 ○設計や評価段階でのヒューマンエラーの防止方法
 ○ポカヨケの考え方、その長所と短所

3.人間の認知特性とヒューマンエラー
 ・短期記憶による認知ミス
   なぜ忘れてしまうのか?ワークで体験
   記憶に頼らない工夫
 ・見間違えの原因と対策
   ミスを誘発する配置や周りの情報の影響
   見間違えを防ぐ方法
 ・集中力の低下と見落としの対策
   流れを断ち切って集中力の低下を防ぐ
   作業の終わりのけじめで集中力を低下させない
   目視検査における流出防止の考え方
 ・誤操作・行動ミスの原因と対策
   認知的不協和の原因をワークで体感
   誤操作防止における指差呼称の効果
   環境の影響によるヒューマンエラー

4.ヒューマンエラーを誘発する組織の問題
 ○上司の圧力による誤った行動、コミュニケーションの阻害
 ○ヒューマンエラーを誘発する組織文化
 ○ベテランによる手抜き

5.ヒューマンエラーを防ぐリーダーの役割
 ○判断基準の明確化

6.ヒューマンエラーを未然に防ぐ仕組み
 ○4M変更管理と3H管理
 ○チェックシートの効果をワークで体感

  □質疑応答□