高分子材料の難燃化技術

~ 基礎から配合設計・混練プロセスまで ~

高分子難燃化技術のノウハウを公開!


★ 一日で高分子の難燃化技術をマスター! 高分子難燃化機能を左右するプロセシングが見える!
★ 高分子の難燃化技術を事例に、配合設計手法からプロセシングまで学ぶことができます。


セミナー講師


(株) ケンシュー 代表取締役社長 倉地 育夫 氏

【略歴】
1979年4月  ブリヂストンタイヤ(株)入社(現:(株)ブリヂストン)
1984年11月 (株)ブリヂストン研究開発本部復職
1991年9月  (株)ブリヂストン退社
1991年10月 コニカ(株) 第四開発センター入社 (主任研究員)
1993年4月  国立福井大学工学部客員教授
1993年11月 コニカ(株) 感材技術研究所主幹研究員
1998年6月  同社MG開発センター主幹研究員
2001年8月  同社中央研究所所長付主幹研究員
2005年8月  コニカミノルタビジネステクノロジーズ(株) 生産本部
 生産技術センターデバイス技術部 第3デバイスグループリーダー
2008年10月 同社生産技術センターデバイス技術部担当部長
2009年4月  同社開発本部化製品開発センター機能部材開発部担当部長
2011年3月  コニカミノルタビジネステクノロジーズ(株) 定年退社 (57歳)
2011年3月  (株)ケンシュー設立 代表取締役社長就任 (現在に至る)

【受賞歴】
2000年5月 第32回日本化学工業協会技術特別賞受賞
2004年5月 写真学会ゼラチン賞受賞
 (その他 (株)ブリヂストンの超高純度βSiC半導体技術が日本化学会化学技術賞受賞)

【過去の学会関係の役職】
高分子学会代議員
高分子同友会開発部会世話人
日本化学会代議員
日本化学会産学交流委員会シンポジウム分科会主査、同委員長
日本化学会春季年会講演賞審査委員長などを歴任

【材料技術開発実績】(実用化実績あるいは現在指導中技術のみ記載)
1.ブリヂストン
 樹脂補強ゴム開発 (防振ゴム)
 ポリウレタン発泡体開発
  (ホスファゼン変性ポリウレタン、ホウ酸エステル変性ポリウレタン)
 フェノール樹脂発泡体開発 (天井材)
 高純度SiC開発
 電気粘性流体開発

2.コニカ及びコニカミノルタ
 特殊ラテックス合成技術開発
 PET及びTAC成膜技術開発
 フィルム表面処理技術開発(BC層、接着層、表面保護層)
 フィルム帯電防止技術開発(酸化スズゾル、高分子イオン伝導体)
 写真感材バインダー開発(有機無機複合ラテックス、その他各種変性ゼラチン開発)
 インクジェット用ペーパー開発
 PPS・ナイロン複合半導体樹脂ベルト開発(社長賞受賞)
 リサイクルPETを用いた環境対応樹脂開発(退職後社長賞受賞)
 カオス混合プロセス開発(樹脂混練プラント建設)

3.ケンシュー
 廃材を用いた難燃性PC/ABS開発(中国ローカル企業工場建設と材料開発指導)
 PPS用変性材料開発(現在T社にて実用化段階)
 塩ビシート押出技術指導(S社(京都に研究所)現場の問題解決)
 光散乱樹脂開発(中国ローカル企業新製品開発、LED電球用)
 熱伝導樹脂開発(中国ローカル企業既存製品の高性能化、LED電球用)
 CNT水溶液開発(現在K社にて応用展開を指導中)


受講料


48,600円 ( S&T会員受講料 46,170円 )
(まだS&T会員未登録の方は、申込みフォームの通信欄に「会員登録情報希望」と記入してください。詳しい情報を送付します。ご登録いただくと、今回から会員受講料が適用可能です。)


S&T会員なら、2名同時申込みで1名分無料
2名で48,600円 (2名ともS&T会員登録必須​/1名あたり定価半額24,300円)

【1名分無料適用条件】
※2名様ともS&T会員登録が必須です。
※同一法人内(グループ会社でも可)による2名同時申込みのみ適用いたします。
※3名様以上のお申込みの場合、1名あたり定価半額で追加受講できます。
※受講券、請求書は、代表者に郵送いたします。
※請求書および領収証は1名様ごとに発行可能です。
 (申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。)
※他の割引は併用できません。


得られる知識


高分子材料の難燃化技術、その関連するプロセシング知識


対象


 初心者から中級者向けであるが、上級者にも満足していただける情報を提供する。機能性高分子の難燃化に取り組んでいる人にはもちろん役立つが、電気電子材料を取り扱っている専門外の技術者にもわかりやすく講演する。


セミナー趣旨


 1970年から1980年代にかけて高分子材料の難燃化技術が大きく進歩し、最近ではノンハロゲンによる難燃化技術など環境対応技術も開発されつつある。現在知られている方法を用いれば、大抵の高分子材料を難燃化可能である。ただし高分子材料に求められる他の機能を犠牲にしない、という条件がつくと途端に問題が難しくなる。
 本講座ではそのような問題解決に取り組む技術者に高分子の難燃化方法の基礎を講義するとともにゴムや樹脂の配合設計手法及び混練プロセスまで解説する。


セミナー講演内容


1.高分子の難燃化技術概論
 1.1 歴史から見た高分子の難燃化技術
 1.2 特許から見た高分子の難燃化技術
 1.3 化学物質の規制から見た難燃化技術

2.高分子の燃焼と難燃剤の作用機構
 2.1 高分子の燃焼
  a. 高分子の基礎事項
  b. 高分子の構造と燃焼
 2.2 高分子の難燃化手法と難燃剤の作用機構
  a. 炭化促進型難燃化手法
  b. 溶融型難燃化手法
  c. 臭素系難燃剤について

3.高分子の難燃性評価技術
 3.1 主な燃焼試験法とその特徴
  a. 酸素指数測定装置
  b. UL燃焼試験
  c. コーンカロリメーター
 3.2 その他の評価法

4.高分子の配合設計とプロセシング
 4.1 ゴム・樹脂の配合設計の実際
  a. 伝統的配合設計
  b. 情報化時代の配合設計
   多変量解析、シミュレーション(OCTAなど)、タグチメソッド
 4.2 高分子のプロセシング概論
 4.3 混練プロセスと難燃化技術
  a. 混練技術概論
  b. 二軸混練機について
  c. カオス混合技術

5.まとめ

 □ 質疑応答 □ 


月刊ビッグライフ21 BigLife21 私たちは全国420万中小企業の代弁者です。
エンジニアのための役立つ情報サイト