SP値/溶解度パラメータの基礎と高分子相溶性予測への適用

種々の推算・計算機シミュレーションによる相溶性予測の精度、実用性、

および実際に計算・推算を行っていく上でのノウハウを詳説!


講師


(国研) 産業技術総合研究所 機能材料コンピュテーショナルデザイン研究センター
総括研究主幹 博士(工学) 青柳 岳司 氏

<ご専門>
高分子計算機科学、高分子材料解析
<学協会> 高分子学会、日本化学会、レオロジー学会

<ご略歴>
1987/3 京都大学薬学研究科博士前期課程終了
1987/4 旭化成工業(株)(現 旭化成(株))入社
1991/10-1992/9 カリフォルニア工科大学 客員研究員 (派遣)
1998/8-2002/3(財)化学技術戦略推進機構 研究員(出向)
 NEDOプロジェクト「高機能材料設計プラットフォームの研究開発」に従事
2002/9 博士(工学)学位取得
2016/5 産業技術総合研究所入所


受講料


■ R&D会員登録していただいた場合、通常1名様申込で49,980円(税込)から
・1名で申込の場合、47,250円(税込)へ割引になります。
・2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,980円(2人目無料)です。


(まだR&D会員未登録の方は、申込みフォームの通信欄に「会員登録情報希望」と記入してください。詳しい情報を送付します。ご登録いただくと、今回から会員受講料が適用可能です。)


習得できる知識


・SP値/溶解度パラメータの推算法とその精度
・高分子材料の相溶性の基礎と予測法
・SP値/溶解度パラメータを用いた高分子材料の相溶性予測の精度、実用性 


趣旨


 SP値/溶解度パラメータの定義、測定法、推算法および基礎的な適用事例などを解説した上で、高分子材料の相溶性予測への適用に関して解説する。
 高分子溶液、ブレンド/アロイの相溶性予測、ランダムコポリマーの場合の取り扱い、あるいはブロックコポリマーのミクロ相分離構造予測などに関して、SP値の利用を中心に解説するが、分子シミュレーション、平均場理論の利用など、より進んだ方法論の紹介まで話題を広げたい。さらに、種々の推算・計算機シミュレーションによる相溶性予測の精度、実用性、および実際に計算・推算を行っていく上でのノウハウ的な内容に関しても解説したい。 


プログラム


1.SP値/溶解度パラメータの基礎
 1-1.SP値の定義
  1-1-1.HildebrandのSP値
  1-1-2.混合の熱力学
  1-1-3.HansenのSP値
 1-2.測定法
  1-2-1.低分子のSP値測定
  1-2-2.高分子のSP値測定
 1-3.適用事例
  1-3-1.耐溶剤性
  1-3-2.相溶性
  1-3-3.コンポジット分散性

2.高分子材料のSP値の計算・推算方法
 2-1.原子団寄与法による推算
  2-1-1.原子団寄与法の特徴
  2-1-2.原子団寄与法によるSP値予測の例
 2-2.グラフ理論(Bicerano法)による推算
  2-2-1.Bicerano法の概要
  2-2-2.Bicerano法の精度
 2-3.分子シミュレーションによる推算
  2-3-1.分子シミュレーションの種類
  2-3-2.分子動力学シミュレーションの概要
  2-3-3.高分子非晶モデルによるSP値推算の手順
  2-3-4.高分子非晶モデルによるSP値推算の例

3.SP値を用いた高分子材料の相溶性予測
 3-1.Flory-Huggins理論
 3-2.χパラメータの予測
  3-2-1.χパラメータとは
  3-2-2.SP値からの予測
  3-2-3.分子シミュレーションからの直接的な予測
 3-3.高分子溶液の相溶性予測
 3-4.高分子ブレンドの相溶性予測
 3-5.コポリマーの取り扱い
  3-5-1.ランダムコポリマー間のχパラメータ
  3-5-2.Miscibility Window
  3-5-3.ブロックコポリマーのモルフォロジー予測

4.高分子材料の相溶性予測の実用性
 4-1.SP値の精度
  4-1-1.低分子のSP値の例
  4-1-2.高分子のSP値の例
  4-1-3.各種SP値推算法の精度比較
 4-2.相溶性予測に求められる精度と現状の予測精度の比較
  4-2-1.ポリマーブレンドの相溶性予測
  4-2-2.ブロックコポリマーの場合
  4-2-3.高分子材料の相溶性予測の実用性

 キーワード
 SP値、溶解度パラメータ、高分子、相溶性、計算、推算、予測、シミュレーション


月刊ビッグライフ21 BigLife21 私たちは全国420万中小企業の代弁者です。
エンジニアのための役立つ情報サイト