経済産業省 : PHR利活用の新たなヘルスケアサービスの創出等 今後のヘルスケア産業政策の方向性

セミナー趣旨

医療DXやデジタルヘルスなど、個人の医療・健康情報を、医療の高度化、国民の健康増進に繋げていこうとする取組が、政府を挙げて行われております。
本セミナーにおいては、PHR(Personal Health Record)を利活用した新たなヘルスケアサービスの創出など
PHR関連政策の方向性を中心に、今後のヘルスケア産業政策についてご紹介します。

セミナープログラム

1. ヘルスケア関連の政府の取組

2. PHR(Personal Health Record)利活用に向けた施策について

3. 今後のヘルスケア産業政策の方向性

4. 関連質疑応答

5. 名刺・情報交換会
■講師及び参加者間での名刺・情報交換会を実施しますので人脈づくりや新たなビジネス展開にお役立てください。
■ライブ配信受講の方も、会場の名刺・情報交換会終了後に講師と個別対話できる時間を設けております。

セミナー講師

経済産業省
商務・サービスグループ ヘルスケア産業課
課長補佐
佐々木 龍 氏

<略歴>
2011年 北海道大学理学部卒業、2013年 東京大学大学院理学系研究科修了。経済産業省特許庁に入庁後、特許審査官としてIoTセンサ等の計測装置、血液検査等の分析装置、X線CT等の診断装置などの分野の特許審査や知財行政の業務に従事。
2021年より現職。

セミナー受講料

1名:33,920円(税込)2名以降:28,920円 (社内・関連会社で同時お申し込みの場合)

受講について

会場またはライブ配信受講

  1. ライブ配信受講の方は、お申し込み時にご登録いただいたメールアドレスへ、Zoomでの視聴用URLとID・パスワードを開催前日までにお送りいたします。
    ※メールの受信が確認できない場合、「迷惑メール」「ゴミ箱」等に振り分けられていることがございますのでご確認いただけますようお願い申し上げます。

アーカイブ配信受講

  1. セミナー終了3営業日後から4週間何度でも、アーカイブをご視聴いただけます。
  2. 収録動画配信のご用意ができ次第、視聴URLと配付可能な講演資料をお送りいたします。
  3. 質疑応答は原則として収録録画からカットされますが、ご視聴後のご質問など、講師とのお取次ぎをさせていただきます。
    ※視聴URLは、お申し込み者様ご自身での視聴のみに限らせていただきます。不特定多数でご覧いただくことはご遠慮下さい。

関連記事

もっと見る