電子機器におけるノイズ設計の基礎とEMC試験、ノイズ対策部品の活用

電子機器のノイズ設計、対策部品の活用法、EMC試験について解説

セミナー趣旨

  電子機器の開発の中で、商品化間近になって行われるEMC(電磁両立性)試験は、対応が難しいものの一つです。また、最近では、パワエレ回路にまつわるノイズの問題も大きな課題になっており、ノイズ問題解決の必要性が増しています。
   一方、ノイズ技術を学ぼうとすると、難解な方程式の並んだ参考書、ノウハウだけが羅列された対策集のようなものが壁になって本質的な理解が進みません。ノイズに詳しいベテラン技術者が、退職により少なくなっている現状もあります。
  本セミナーは、そのような方々に、数式・理論を極力易しく、「なぜそういう対策を取るのか」を学んでいただくことから、独力でノイズ設計・対策ができるレベルを目指します。

セミナープログラム

1. ノイズの基礎とEMC
 1.1 ノイズとは何か
  1.1.1 電磁エネルギーの出入り
  1.1.2 ノイズの定義
  1.1.3 電子機器の干渉とEMC
  1.1.4 エミッションとイミュニティ
  1.1.5 ノイズの時間的特性
  1.1.6 ノイズの伝達経路
 1.2 ノイズの物理
  1.2.1 物理の話の前に
  1.2.2 ノイズと物理法則
  1.2.3 交流の基礎知識
  1.2.4 交流とスペクトル
  1.2.5 見えないLとC
  1.2.6 共振現象
  1.2.7 電磁波の発生とアンテナ
  1.2.8 伝送線路
 1.3 ノイズの計測・評価
  1.3.1 ノイズ計測とデシベル
  1.3.2 高速波形の測定
  1.3.3 スペクトル測定
  1.3.4 電波暗室とレシーバ
2. 共通EMC規格とその概要
 2.1 エミッション試験
  2.1.1 雑音端子電圧
  2.1.2 雑音電界強度
  2.1.3 電源高調波
  2.1.4 フリッカ
 2.2 イミュニティ試験
  2.2.1 静電気放電
  2.2.2 放射イミュニティ
  2.2.3 ファーストトランジェント/バースト
  2.2.4 雷サージ
  2.2.5 伝導イミュニティ
  2.2.6 電源周波数磁界
  2.2.7 電源電圧ディップ・瞬停
3. ノイズ問題の方法論と技術論
 3.1 ノイズ問題の方法論
  3.1.1 素早く原因を掴むコツ
  3.1.2 再現性を確保する手法
  3.1.3 技術が身につく試行錯誤
 3.2 ノイズ問題の技術論
  3.2.1 発生源を抑える
  3.2.2 伝達経路を断つ
  3.2.3 アンテナを作らない
 3.3 設計時の対策技術
  3.3.1 回路・基板
  3.3.2 機内・機外ケーブル
  3.3.3 フレーム・筐体
  3.3.4 既製品・外部設計品
 3.4 設計後の対策技術
  3.4.1 磁性コア類
  3.4.2 フィルタ
  3.4.3 シールド・GND強化部材
  3.4.4 電磁波吸収体
【質疑応答】

セミナー講師

 倉西 英明 先生   倉西技術士事務所 所長
 技術士(電気電子部門) 

セミナー受講料

1名につき55,000円(消費税込・資料付き)
〔1社2名以上同時申込の場合1名につき49,500円(税込)〕

受講について

  • 本講座はZoomを利用したLive配信セミナーです。セミナー会場での受講はできません。
  • 下記リンクから視聴環境を確認の上、お申し込みください。
     → https://zoom.us/test
  • 開催日が近くなりましたら、視聴用のURLとパスワードをメールにてご連絡申し上げます。
    セミナー開催日時に、視聴サイトにログインしていただき、ご視聴ください。
  • Zoomクライアントは最新版にアップデートして使用してください。
    Webブラウザから視聴する場合は、Google Chrome、Firefox、Microsoft Edgeをご利用ください。
  • パソコンの他にタブレット、スマートフォンでも視聴できます。
  • セミナー資料はお申込み時にお知らせいただいた住所へお送りいたします。
    お申込みが直前の場合には、開催日までに資料の到着が間に合わないことがあります。ご了承ください。
  • 当日は講師への質問をすることができます。可能な範囲で個別質問にも対応いたします。
  • 本講座で使用される資料や配信動画は著作物であり、
    録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止いたします。
  • 本講座はお申し込みいただいた方のみ受講いただけます。
    複数端末から同時に視聴することや複数人での視聴は禁止いたします。
  • Zoomのグループにパスワードを設定しています。
    部外者の参加を防ぐため、パスワードを外部に漏洩しないでください。
    万が一部外者が侵入した場合は管理者側で部外者の退出あるいはセミナーを終了いたします。

関連記事

もっと見る