【無料セミナー】「安全意識を高める」シリーズ ~ 労災ゼロを実現する 教育のススメ ~

~研修を繰り返しても災害がゼロにならないワケ~
~労災がゼロにならないのは教育のしかたが間違えている~

受講対象・レベル

・労働安全衛生部門の責任者またはご担当者様
・社内教育を所管する人事部等、研修のご担当者様
・その他、労働安全衛生対策 でお悩みがある企業ご担当者様

セミナープログラム

・労働安全マネジメントに必要なコト
・メタ認知・洞察力とは
・コミュニケーション ー説明力と説得力の科学ー
・LABプロファイル®とは
・労働安全意識を高めるための教育とは
・なぜなぜ分析12箇条
・KYTもメタ認知と洞察力を高める
・ツール+ルール&イシキ+チシキ

◆ 15:30~ 質疑応答
質疑応答がない場合は15:30まで

【受講者様からの感想を一部ご紹介します】

・社内で安全衛生委員会を発足して定期的に開催しています。
 が、ややマンネリ化しているように思っていましたし、災害は横ばいです。
 メタ認知を高めるお話は大変参考になりました。
・分かりやすかったです。災害もですが人材育成教育にも役に立ちそう。
・数多くの外部講習を受けてきましたが、その中でも特に分かりやすく具体的で勉強になりました
・オンラインでのセミナーを受ける機会が今までありませんでしたが、
 実際に会場に行って受けるものと大きな違いを感じませんでした。
・労働安全の知識を得る機会はなかなか無いので、事故を減らすために必要なことが分かりませんでしたが、
 何をしなければならないのかが少し分かってスッキリしました。
 また、この知識は日常生活でも役に立ちそうと思ったので、
 早速本日からこの知識を生活に取り入れていきたいと思います!
・自分たちの課題に対する解決アプローチのヒントを得られた。
 とても分かりやすかったです。Webだけど臨場感がありました。

セミナー講師

マネジメントコンサルティング2部 部長 坂田 和則 氏

国内外において、企業内外教育、自己啓発、人材活性化、コストダウン改善のサポートを数多く手がける。
「その気にさせるきっかけ」を研究しながら改善ファシリテーションの概念を構築し提唱している。
特に課題解決に必要なコミュニケーション、モチベーション、プレゼンテーション、リーダーシップ、
解決行動活性化支援に強く、働く人の喜びを組織の成果につなげるよう活動中。
新5S思考術を用いたコンサルティングやセミナーを行い、2021年度現在、
企業支援数が190件以上及び年間延べ3,400人を越える人を対象に講演やセミナーの実績を誇る。

セミナー受講料

参加費: 無料

参加条件:終了後アンケートのご回答をお願いします
参加特典:セミナーで使用した資料PDFをメール送付

※ お申込者にIDとパスワード, URL等を送付させて頂きます。
※ 15:30以降は質疑応答の時間を設けております。
※ 質疑応答の対応のため、定員10名とさせて頂きます。
※同業他社さまにはご参加をご遠慮頂いております。
 申し訳ございませんが、ご理解のほど宜しくお願い致します。

セミナー詳細

【あなたの職場ではこんなお悩みありませんか?】

✓保護具の装着や作業手順をルール化しているのに、 ルールを破る従業員が絶えない。
✓安全センサーを設置しているのに、 労働災害が減らない。
✓リスクマネジメントを完璧に行っているのに、労働災害が減らない。
✓毎年、安全教育を実施しているのに、 従業員の安全意識が高まらない。
✓安全衛生パトロールを実施しているのに、 従業員の安全意識が向上しない。

保護具の着用や安全センサー設置等の労働安全対策は先進工場で行われている内容ですが、 労働災害ゼロはいまだに達成できていないのが現状です。
実は最新の脳科学・心理学の観点からみると、 これらの労働安全対策だけでは不十分なことが分かっています。
詳細はオンラインライブ でお話し致します。

【オンラインライブ FAQ】

Q. 私たちの業界でも使えるのですか?
A. はい。弊社では製造業様向けに強みがありますが、製造業様以外でも十分に役立つ内容となっております。 

Q.話だけ聴いてみたいという参加でも大丈夫ですか?
A. はい、大丈夫です。話だけ聴いてみたいという方のご参加もお待ちしております。 

Q. 一度に受講できる人数は何人ですか?
A. 1名様でのご参加でも構いませんし、グループでのご参加でも構いません。
  可能な限り顔出しでご参加下さいませ。 

Q. 講師に直接質問することは可能ですか?
A. はい、可能です。オンラインライブ終了後に直接講師にお話し下さい。


講師のプロフィール

現場を見る目が違うからリピート率90%超え。 等身大の言葉で語るから現場ウケしてます。 問題/課題解決モチベーションに火を付けるのなら!

坂田 和則

専門家専門家A さかた かずのり / 東京都 / 株式会社知識経営研究所

問題/課題解決を現場目線から見つめ、クライアントが気付いている原因はもちろん、その背景にある奥深い原因やメンタルモデルも意識させ、問題/課題改善モチベーションを高めます。
その先の未来には、改善レジリエンスの高い人材が活躍しま...続きを読む

関連記事

もっと見る