各難燃剤による難燃化メカニズム、市販の難燃剤の種類・特徴、及び各樹脂への配合処方などを中心に詳細に解説します!

~市販の難燃剤の特徴と活用事例~ 

セミナー趣旨

 近年、火災により多くの人命及び資源が失われている。火災の原因の一つとして、プラスチックが燃えやすいことがあり、その対策としてプラスチックの難燃化の開発が求められている。
 本講義では、プラスチックの難燃化及び難燃剤の研究・開発に携わる初級者から上級者の研究員を対象として、プラスチックの難燃化方法を、各難燃剤による難燃化メカニズム、市販の難燃剤の種類・特徴、及び各樹脂への配合処方などを中心に詳細に解説する。

セミナープログラム

1.難燃材料が必要とされる背景
 1-1.火災の原因分析、火災の例
 1-2.火災の3要素
 1-3.火災の被害を最小限にするためには、難燃剤の効果

2.プラスチックはなぜ燃える?
 2-1.燃えるメカニズム
  2-1-1.ロウソクの例
  2-1-2.プラスチックの例
 2-2.分解ガスの燃焼反応

3.プラスチックを燃えにくくするには?
 3-1.難燃性試験方法
  3-1-1.UL94V試験
  3-1-2.酸素指数試験
  3-1-3.コーンカロリー試験
 3-2.各難燃剤の難燃メカニズム
  3-2-1.リン系難燃剤(固相リン炭化断熱層形成-難燃効果の例)
  3-2-2.臭素系難燃剤(気相ラジカル補足-難燃効果の例)
  3-2-3.金属水酸化物系難燃剤(固相吸熱-難燃効果の例)
  3-2-4.スルホン酸塩/シリコーン系難燃剤(固相樹脂架橋炭化断熱層形成-難燃効果の例)
 3-3.各難燃剤の特徴まとめ
 3-4 各樹脂への難燃剤適応例と課題

4.市販難燃剤のプラスチックへの難燃化活用事例
 4-1.リン酸アミン塩系難燃剤 7社15グレード
  4-1-1.リン酸アミン塩
  4-1-2.リン酸アミン・金属複合塩
 4-2.リン酸アミン塩系複合難燃剤 7社12グレード
 4-3.リン酸エステル系難燃剤 2社9グレード
  4-3-1.エンプラ向けリン酸エステル
  4-3-2.ポリオレフィン向けリン酸エステル
 4-4.その他リン系難燃剤 9社17グレード
  4-4-1.ホスファゼン誘導体
  4-4-2.ホスフィン酸(ホスフィネート)誘導体
  4-4-3.ホスフォン酸(ホスフォネート)誘導体
  4-4-4.赤燐
  4-4-5.その他 有機リン系、リン・窒素系
 4-5.ポリマー型リン系難燃剤 1社3グレード
  4-5-1.ポリホスホネート、ポリホスホネート/カーボネート
 4-6.窒素系難燃剤 7社15グレード
  4-6-1.メラミンシアヌレート、イソシアヌール酸誘導体
  4-6-2.トリアジン/ピペラジン ポリマー型
  4-6-3.NOR型、その他
 4-7.金属水酸化物系難燃剤 9社87グレード
  4-7-1.水酸化アルミニウム、水酸化マグネシウム
 4-8.金属酸化物系難燃剤 5社16グレード
  4-8-1.ホウ酸亜鉛
  4-8-2.水酸化スズ酸亜鉛、スズ酸亜鉛
  4-8-3.無機コア材(例タルク)/モリブデン酸塩被覆
 4-9.ナノクレイ系難燃剤 2社7グレード
 4-10.セピオライト系難燃剤 1社(メーカー技術資料なし)
 4-11.シリコーン系、有機スルホン酸塩系難燃剤 4社8グレード
  4-11-1.シリコーン系難燃剤
  4-11-2.有機スルホン酸塩系難燃剤
 4-12.その他難燃剤 2社2グレード
  4-12-1.膨張黒鉛
  4-12-2.リン酸アミドエステル

5.各難燃剤の問合せ先


プラスチック、樹脂、難燃剤、燃焼、試験、評価、規制、処方、リン系、窒素系

セミナー講師

林 難燃技術研究所 代表
特定非営利活動法人NPOテクノサポート 会員 博士(工学) 林 日出夫 氏

セミナー受講料

55,000円(税込、資料付)
■ セミナー主催者からの会員登録をしていただいた場合、1名で申込の場合49,500円、
  2名同時申込の場合計55,000円(2人目無料:1名あたり27,500円)で受講できます。
(セミナーのお申し込みと同時に会員登録をさせていただきますので、
   今回の受講料から会員価格を適用いたします。)
※ 会員登録とは
  ご登録いただきますと、セミナーや書籍などの商品をご案内させていただきます。
  すべて無料で年会費・更新料・登録費は一切かかりません。
  メールまたは郵送でのご案内となります。
  郵送での案内をご希望の方は、備考欄に【郵送案内希望】とご記入ください。

受講について

Zoomを使ったWEB配信セミナー受講の手順

  1. Zoomを使用されたことがない方は、こちらからミーティング用Zoomクライアントをダウンロードしてください。ダウンロードできない方はブラウザ版でも受講可能です。
  2. セミナー前日までに必ず動作確認をお願いします。
  3. 開催日直前にWEBセミナーへの招待メールをお送りいたします。当日のセミナー開始10分前までに招待メールに記載されている視聴用URLよりWEB配信セミナーにご参加ください。
  • セミナー資料は事前にPDFにてお送りいたします。
  • 無断転載、二次利用や講義の録音、録画などの行為を固く禁じます。

講師のプロフィール

25年間プラスチックの難燃材料の開発を行ってきた技術を基に、難燃剤の開発支援、並びに難燃関係のセミナー講師を承ります。

林 日出夫

専門家専門家A はやし ひでお / 千葉県 / 林 難燃技術研究所

近年、火災による財産・人命が失われる等の被害が多く、社会的に大きな問題となっている。その中で、プラスチックは燃えやすく、火災の原因の一つである。この為、プラスチックの難燃化の要求が高まっており、様々なプラスチック材料の難燃化の開発が進...続きを読む

関連記事

もっと見る