1日でわかる!知っておくべき中国駐在者のためのコミュニケーション必須技術【基礎編】

セミナー趣旨

多くの中国駐在者は、中国人と何らかのトラブルや悩みを抱えて日々の仕事をしています。中国と日本では、言葉や文化、そして、ものの考え方や仕事の進め方が違うと頭では分かっていても、具体的に何をどう工夫すれば良いのか分からず、結果として日々似たようなトラブルを起こし、悩みを抱え続けてしまうのです。

あなたも中国駐在者として、日々似たようなトラブルや悩みを抱えていませんか?
様々な仕事上のトラブルや悩みがありますが、それらの原因はおおむね2つに集約されます。
 (1)中国の国民性を理解した仕事の仕方を知らない
 (2)通訳を通したコミュニケーション技術の基本を知らない

そこで、当センターでは、中国駐在者を対象として、これら2つを解決するセミナーを開講いたします。たとえば、「問題ない」という1つの言葉をとっても、日本人が想像する「問題ない」とは大きく異なる意味合いがあります。また、社内の通訳は「通訳のプロ」ではありませんので、日本人同士の会話のように話しても正しく伝わらないので工夫が必要なのです。
本セミナーでは、中国ビジネスにおいて豊富な経験と実績を持つ講師が、実践的なノウハウを実務ですぐ活用できるように具体的に解説します。中国駐在者として仕事を充実させたい、仕事で確かな実績を上げたい方は、本セミナーを活用ください。

習得できる知識

  • 中国人の国民性を理解した仕事の進め方
  • トラブルを回避できるコミュニケーション技術
  • 駐在者として中国人に認められる仕事の進め方

セミナープログラム

  1. 「あうんの呼吸」は通じない
    1. 曖昧な指示が生む不良品
    2. トラブルを引き起こす日本語表現
  2. 仕事のトラブルをなくすアプローチ
    1. 「〜のハズ」は日本人の勘違い
    2. トラブル原因の7割は日本人にあり
    3. 大切なのは「ヒト」と「コトバ」
  3. 中国の国民性と仕事の進め方
    1. 中国人の国民性を表す「問題ない」の本当の意味
    2. 希望的観測と自己判断
    3. 情報が末端の担当者まで伝わらない理由と対策
    4. 対立する中国人の「機能論」と日本人の「そもそも論」
    5. ブラックボックス化しない中国企業と関わり方
  4. 通訳を通して情報を確実に伝えるコツ
    1. 通訳は20%理解していない!
    2. 通訳が分からない日本語
    3. 言いたいことを100%伝える会話術
    4. 上手に会議の進める7つのポイント
    5. 確実に伝わるWeb会議
    6. メールの書き方7つのポイント
    7. 誤認識されない仕様書、図面
  5. 日本人駐在者の立ち振る舞い
    1. 一目置かれる日本人になれ!
    2. 駐在者の心得と中国生活
    3. 社内で使う共通言語
    4. 中国人社員の昇進での注意点
    5. モチベーションが高い組織構成
    6. 業務マニュアルの作成
    7. 中国人との仕事の仕方

セミナー講師

小田 淳 氏
製品化のイロハ/中国モノづくり支援室 ロジ 代表

[略歴]
1987年~2016年、ソニー(株)にて設計者として15モデルを製品化する。最後の駐在を含む7年間は、中国で部品と製品の製造を行う。2017年ロジを設立し、「製品化のイロハ」と「中国でトラブルや不良品のないモノづくり」を研修やコンサルティング、講演、執筆活動を通して展開している。

セミナー受講料

25,000円(消費税込)※テキスト代を含みます。


関連記事

もっと見る