アクリル樹脂の特性から、性能・機能の改良法、構造制御重合法まで短時間で学習できます!

~モノマー合成・ポリマー製造・高性能化・分子設計~

こちらは10/13実施WEBセミナーのアーカイブ(録画)配信です。期間中何度でも視聴できます

セミナー趣旨

 アクリル樹脂を中心とするメタクリル系ポリマーは、その優れた耐候性、透明性および表面光沢などの特性により、車両部材、光学部材、土木・建築部材、塗料用樹脂などの分野で幅広く使用されている。
 まず、アクリル樹脂についてその原料であるモノマーの合成法、工業的ポリマー製造法を説明する。具体的製品例によりアクリル樹脂を紹介するとともに、性能・特性を他樹脂との比較において解説する。 その際、劣っている性質(技術的課題)及びその解決の考え方、新しい機能付与など構造制御重合によるメタクリル系ポリマーの分子設計の現状について概説する。

習得できる知識

・アクリル樹脂の特性(他の透明樹脂との比較)
・ラジカル重合法の基礎
・アクリル樹脂の改質法
・構造制御重合法の基礎 

セミナープログラム

1.アクリル樹脂の基礎知識
 1-1.アクリル樹脂とは?
 1-2.アクリル樹脂の歴史

2.アクリル樹脂に使用されるモノマー
 2-1.メタクリル酸メチル(MMA)の工業的製造方法
 2-2.各種メタクリレートモノマーとそのポリマーの特性

3.アクリル樹脂の工業的製造法
 3-1.重合の基礎
 3-2.各種工業的製造法(塊状重合、懸濁重合、乳化溶液重合、光ラジカル重合)

4.実用製品例
 ・成形材料、シート、フィルム、樹脂添加剤、塗料用樹脂、UV硬化樹脂、
 ・土木部材、光学部材など

5.アクリル樹脂の特性
 4-1.他の透明樹脂との特性比較(光学的性質、耐候性、色調、硬度、吸水特性など)
 4-2.メタクリル系ポリマーの特性から見た課題

6.アクリル樹脂の高性能化
 6-1.改良方法
 6-2.性能・機能の改良(耐衝撃性、耐熱性、難燃性、表面特性など)

7.アクリル樹脂の分子設計
 7-1.構造制御重合の基礎(アニオン重合、ラジカル重合)
 7-2.分子量制御、立体規則性制御
 7-3.ブロック・グラフトポリマーとその応用


アクリル、メタクリル、樹脂、ポリマー、ラジカル、重合、分子、設計、構造、制御

セミナー講師

三菱ケミカル(株)広島研究所 機能材料グループ グループマネジャー 岡本 英子 氏

セミナー受講料

49,500円(税込、資料付)
■ セミナー主催者からの会員登録をしていただいた場合、1名で申込の場合39,600円、
  2名同時申込の場合計49,500円(2人目無料:1名あたり24,750円)で受講できます。
(セミナーのお申し込みと同時に会員登録をさせていただきますので、
   今回の受講料から会員価格を適用いたします。)
※ 会員登録とは
  ご登録いただきますと、セミナーや書籍などの商品をご案内させていただきます。
  すべて無料で年会費・更新料・登録費は一切かかりません。
  メールまたは郵送でのご案内となります。
  郵送での案内をご希望の方は、備考欄に【郵送案内希望】とご記入ください。

受講について

・こちらは10/13実施WEBセミナーのアーカイブ(録画)配信です。

・配信開始日までに、セミナー資料はPDFでお送りします。セミナー資料の無断転載、二次利用や講義の録音、録画などの行為を固く禁じます。

・動画のURLはメールでお送りします。


関連記事

もっと見る
  • 2分でわかるイオン交換樹脂の基礎

      地下水のようなイオンを含んだ水を陰イオン交換樹脂と陽イオン交換樹脂に通すと、水の中の両イオンは、イオン交換樹脂によって除去され、イオン...
  • 押出成形とは

      今回は、断面が一定の形をしたプラスチック成型品を連続的に成形する押出成形の概要を解説します。   1.押出成形とは &...