初心者向けセミナーです 特許出願の質と量を同時に高める組織・体制作りと知財教育のポイント

特許を質量ともに向上させるには、どのように仕掛け、体制を作り、啓蒙・教育していけば良いか?そのヒントが得られます。

企業・特許事務所で活躍してきた講師が、具体的な教育プログラムなどの実事例や経験も交えながら解説します!

セミナー趣旨

  特許出願の質と量は相反する関係にあると考えられています。
  この相反関係を打破して、質と量を同時に高めるための組織と体制作りをどのように実現するのか。発明創出の主役である技術者と事業に役立つ特許に仕上げる知財担当者の教育が重要です。
  本講座では講師の経験に基づいて事例を交えて分かりやすく説明します。

受講対象・レベル

・事業に貢献する特許を数多く出願したいと考えている研究者、技術者の方。
・特許出願数の増加と事業に貢献する特許の増加を同時に実現させるヒントを得たいと考えている研究開発部門、
   知財部門の方。
・本テーマに興味のある方ならどなたでも結構です。

必要な予備知識

特に予備知識は必要ありません。

習得できる知識

・特許の出願と活用に積極的に取り組む研究開発部門になるための仕掛け・体制つくりのヒントが得られる。
・特許出願の数を大幅に増加させ、特許の質を大幅に向上させるためのヒントが得られる。
・研究開発に携わる技術者や知財担当者の具体的な教育プログラム、内容の参考資料が得られる。
   など

セミナープログラム

1.特許出願の目的を明確にする
 1)市場独占を目的とする出願とは?
 2)市場拡大を目的とする出願とは?
 3)先行企業の立場を活かした出願とは?
 4)追いかける立場の企業が先行企業に追いつくための出願とは?
 5)完成品メーカーと部品・素材メーカーの出願の目的は相違するのか?
2.量を高める組織と体制
 1)自社のマンパワーに対応した組織と体制
  a)研究開発部門が中心の出願体制
  b)知財部門が中心の出願体制
  c)外部専門家を活用した出願体制
 2)ノルマからモチベーションを高める目標への転換
  a)技術部門別の出願の狙いと目標の設定
  b)技術部門と知財部門が一体化した出願体制
  c)特許出願が研究開発者の能力向上に寄与する仕組み作り
3.質の高い特許を数多く出願するための仕掛け、体制つくり
 1)特許の質とは何か?
  a)出願目的(市場独占、市場拡大等)に合致した出願
  b)競合他社対策と特許の質
  c)BtoBとBtoCの出願の質
  d)新規事業で成功する特許の質とは?
 2)研究開発者と知財担当者・弁理士との役割分担を明確にする
 3)研究開発者への働きかけ
  a)発明の文書化能力の向上
  b)発明の思想化能力の向上
  c)他社特許を超越する発明創出力の向上
 4)担当業務から発明を生み出す体制作り
  a)発明を群で捉えて、権利化・活用までの一体管理のための体制作りは?
  b)権利範囲を拡張する特許群をどのように出願するのか?
  c)特許の無効化を困難にする特許群をどのように出願するのか?
 5)研究開発部門の業務にマッチした発明創出のポイント
 6)先行テーマと後発テーマの発明創出のポイント
 7)進歩性を確保するための工夫
  a)課題を変えると進歩性を確保できる
  b)用途発明・数値限定発明の工夫
  c)単純な組み合わせからの脱却
 8)知財担当者の発明創出への支援体制
  a)他社目線で考える参入障壁作りとは?
  b)自社製品の保護は十分か?
  c)開発中止テーマから出願できるのか?
  d)多角的に発明を保護する工夫は(拒絶・無効化を防ぐ)?
4.研究開発者・知財担当者の啓蒙活動、教育の具体例
 1)研究開発リーダー向けのプログラムと具体的な内容
  a)部下を指導できる実践的な教育
  b)これだけは理解してほしい特許の知識
 2)入社3年以内の研究開発者向けのプログラムと具体的な内容
  a)簡単な発明創出活動の体験
  b)発明の文章化スキルが身につく実務教育
 3)知財担当者向けのプログラムと具体的な内容
  a)新規技術(AI、IoT、Fin-Tech等)を自社の出願に取り込む事例研究
  b)チャレンジャブルなクレームを考える実践教育
5.特許事務所との連携
 1)大手事務所と小規模事務所との効果的な活用方法は?
  a)明細書の質を高めるとともに明細書作成のスピードアップを図る工夫
 2)外部弁理士の発明発掘活動への参加はどうするのか?
  a)メリットとデメリットを理解して参加の可否を検討する
 3)明細書の質向上と発明者の発明創出力の向上を実現できる方法は?
  a)発明者、知財担当者、事務所弁理士との明細書作成フィードバック会議の活用
  b)明細書作成時の変更点、変更理由、ブラッシュアップ依頼等を記載した提案書
<質疑応答>


*途中、小休憩を挟みます。

セミナー講師

 牧山 皓一 先生   湘南国際特許事務所 所長 弁理士 

セミナー受講料

【オンライン受講:見逃し視聴なし】 1名41,800円(税込(消費税10%)、資料付)
*1社2名以上同時申込の場合、1名につき30,800円

【オンライン受講:見逃し視聴あり】 1名47,300円(税込(消費税10%)、資料付)
*1社2名以上同時申込の場合、1名につき36,300円

*学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。

受講について

※本講座は、お手許のPCやタブレット等で受講できるオンラインセミナーです。

配布資料・講師への質問等について

  • 配布資料は、印刷物を郵送で送付致します。
    お申込の際はお受け取り可能な住所をご記入ください。
    お申込みは4営業日前までを推奨します。
    それ以降でもお申込みはお受けしておりますが(開催1営業日前の12:00まで)、
    テキスト到着がセミナー後になる可能性がございます。
  • 当日、可能な範囲で質疑応答も対応致します。
    (全ての質問にお答えできない可能性もございますので、予めご容赦ください。)
  • 本講座で使用する資料や配信動画は著作物であり、
    無断での録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止致します。

下記ご確認の上、お申込み下さい

  • PCもしくはタブレット・スマートフォンとネットワーク環境をご準備下さい。
  • ご受講にあたり、環境の確認をお願いしております(20Mbbs以上の回線をご用意下さい)。
    各ご利用ツール別の動作確認の上、お申し込み下さい。
  • 開催が近くなりましたら、当日の流れ及び視聴用のURL等をメールにてご連絡致します。

Zoomを使用したオンラインセミナーとなります

  • ご受講にあたり、環境の確認をお願いしております。
    お手数ですが下記公式サイトからZoomが問題なく使えるかどうか、ご確認下さい。
    確認はこちら
    ※Skype/Teams/LINEなど別のミーティングアプリが起動していると、Zoomでカメラ・マイクが使えない事があります。お手数ですがこれらのツールはいったん閉じてお試し下さい。
  • Zoomアプリのインストール、Zoomへのサインアップをせずブラウザからの参加も可能です。
    ※一部のブラウザは音声(音声参加ができない)が聞こえない場合があります。
     必ずテストサイトからチェック下さい。
     対応ブラウザーについて(公式) ;
     「コンピューターのオーディオに参加」に対応してないものは音声が聞こえません。

申込み時に(見逃し視聴有り)を選択された方は、見逃し視聴が可能です

  • 開催5営業日以内に録画動画の配信を行います(一部、編集加工します)。
  • 視聴可能期間は配信開始から1週間です。
    セミナーを復習したい方、当日の受講が難しい方、期間内であれば動画を何度も視聴できます。
    尚、閲覧用のURLはメールにてご連絡致します。
    ※万一、見逃し視聴の提供ができなくなった場合、
    (見逃し視聴有り)の方の受講料は(見逃し視聴無し)の受講料に準じますので、ご了承下さい。
    こちらから問題なく視聴できるかご確認下さい(テスト視聴動画へ)パスワード「123456」

関連記事

もっと見る