技術者も事務職もこれだけは理解しておきたい!!
講師のわかりやすい解説で短時間でDXを効率的に学ぶ!

セミナー趣旨

本講座の狙い
  • DX人材に必要な知識を効率的かつ短時間に習得する。
  • DXの「技術面」と「ビジネス面」の両方をバランス良く理解する。
  • 製造DXをゼロから学びたい技術者や開発者だけでなく、製造DXの概要を知っておきたい技術系スタッフや経営者や営業マンにも役立つ。
講座のポイント
  • デジタル化の分野は専門用語も多く、独学で学ぶには難易度が高いです。書物だけの独習では習得が困難です。講師の口頭での解説があれば理解しやすさが向上します。
  • DXは多種多様なトピック(技術面とビジネス面の両方)を包含しており、独りで全てをカバーするのは大変ですし膨大な時間を要します。本スクーリング講座では「3時間」に濃縮した密度が高い内容で、DXを効率的に学ぶことができます。

セミナープログラム

  1. DXの定義
    • DX提唱者の定義
    • 世間一般の定義
    • 「デジタル化」の過程
  2. DXと関連キーワード
    • Industrie 4.0
    • Society 5.0
    • デジタルツイン
    • VR/MR/AR
    • ロボティクス
    • 3Dプリンタ
    • EV
    • ドローン
    • フィンテック(FinTech)
    • VUCA
    • SDGs
    • 技術的特異点(Singularity)
    • ムーアの法則
    • AIで無くなる仕事
    • ものづくり補助金
    • デジタル庁
  3. DXの関連技術
    • IoT
    • LPWA
    • 5G
    • クラウドコンピューティング・ビッグデータ
    • AI
    • RPA
    • ブロックチェーン
    • 情報セキュリティ
    • UX
  4. Big Data
    • ビッグデータの意義
    • Big Dataとは?
    • Big Dataの4V
    • 構造化データと非構造化データ
    • ビッグデータの具体例
    • Big Dataの活用事例(のパターン)
    • データサイエンティスト
    • データ前処理の概要
  5. Cloud computing
    • クラウド・コンピューティングとは?
    • クラウド v.s. オンプレミス
    • XaaS(X as a Service)
    • PaaSの優位点
    • PaaSの具体例と市場シェア
    • AWSが提供するIoTサービス
    • クラウドサービスの具体例
  6. DX事例
    • AIのビジネス応用例
    • DXスマートコンストラクション(コマツ)
    • Power By The Hour(ロールスロイス)
    • 獺祭(旭酒造)
    • よかど鹿児島(鹿児島銀行)
    • 筋電WEAR(グンゼ&RIZAP)
    • VRによるオンライン内見(株式会社スペースリー)
    • AI搭載カメラで来店客の感情の解析(グリーンハウスグループ)
    • 来客予測AI(ゑびや大食堂)
    • 陣屋コネクト(旅館「元湯陣屋」)

◎ 質疑応答

セミナー講師

坂東 大輔 氏
坂東技術士事務所 代表
技術士(情報工学部門),通訳案内士(英語)
情報処理安全確保支援士

セミナー受講料

15,000円(消費税込)※テキスト代を含みます。


講師のプロフィール

技術士(情報工学部門)と通訳案内士(英語)の二刀流のEngineering SAMURAIが貴社のお悩みを一刀両断致します。

坂東 大輔

専門家専門家B ばんどう だいすけ / 兵庫県 / 株式会社エンジニアリングサムライ

続きを読む

関連記事

もっと見る