欧州プラスチック・BPA(ビスフェノールA)の最新規制動向と実務対応のポイント

~ プラスチック・ワニス・コーティング等・対象箇所の規制案における欧州の最新状況 ~


★ 欧州委員会のプラスチック規則(食品接触材料製品)、REACH(認可、制限ルート)、おもちゃ指令、医療デバイス規則などに係るリスク管理の最新動向を総括的に紹介!

★ BPAについてのEFSAのリスク評価、ECHAの分類評価とは?

★ 溶出制限や規制となる対象範囲やいままでの取り組みから今後の範囲を推定する!


講師


塩ビ食品衛生協議会 常務理事 石動 正和 氏


受講料


【1名の場合】27,000円(税込、テキスト費用を含む)
【2名の場合】37,800円(税込、テキスト費用を含む)
【3名以上の場合は一名につき、10,800円加算】(税込、テキスト費用を含む)
※3名以上ご要望の場合は2名を選択し、備考欄にその旨お書きくださいませ。

※弊社講座は、複数でのご参加を希望される場合、サービスとして1名につき、10,800円で何名でも追加の申し込みができますが、同一部署に限ります。なお、別途でのお申し込みは正規料金になります。ご了承ください。 
※AndTechの講習会は、特別割引とポイント割引など、2種類以上の割引は、同時には適用されません。誤って、2種類以上の割引を同時にご利用された方には、後程、事務局より割引選択のための確認連絡をいたします。


対象


BPAに関心のある技術者


プログラム


【講演主旨】
 欧州の化学品規制において多くの分野で注目されているBPAについて、EFSAのリスク評価、ECHAの分類評価(生殖毒性、内分泌かく乱作用)の最新動向とともに、欧州委員会のプラスチック規則(食品接触材料製品)、REACH(認可、制限ルート)、おもちゃ指令、医療デバイス規則などに係るリスク管理の最新動向を総括的に紹介し、実務対応上のポイントを整理する。

【プログラム】
1.はじめに(BPA問題とは何か)

2.リスク評価
 2-1 EFSAのリスク評価
 2-2 ECHAの分類評価(生殖毒性作用)
 2-3 ECHAの分類評価(内分泌かく乱作用)

3.欧州委員会のリスク管理
 3-1 プラスチック規則(食品接触材料製品:PC製哺乳瓶、BPAを含むコーティング)
 3-2 REACH(SVHC、認可ルート)
 3-3 REACH(制限ルート:感熱紙用途)
 3-4 おもちゃ指令
 3-5 医療デバイス規則

4.EU以外の動向(WHO、US(EPA・NIEHS・FDA)、フランス、日本)

5.おわりに(実務対応上のポイント)

【質疑応答・名刺交換】


エンジニアのための役立つ情報サイト
月刊ビッグライフ21 BigLife21 私たちは全国420万中小企業の代弁者です。