乳化重合・ソープフリー乳化重合によるポリマー微粒子の合成と粒子径・形状制御

乳化重合・ソープフリー乳化重合の基礎から、粒子径制御法・高機能化、異形粒子や表面凹凸形状を制御した微粒子の合成法についても、事例を示しながら紹介! 

セミナー趣旨

 微粒子系材料の高性能化あるいは高機能化を図るには、微粒子の大きさや形態を精密に制御することが求められる。特に、重合反応をともなう材料合成過程では機能化を図るには材料界面を精密に制御することも必要になってくる。
 本セミナーでは、初めに機能性材料開発の設計指針について触れ、各種ポリマー系材料を機能化するための材料合成プロセッシングについて説明を加えながら、ナノからミクロンサイズ領域でのポリマー粒子径制御法を紹介する。それらの知見をもとに、粒子形成過程でのポリマー微粒子の機能化についても合わせて概説する。さらに、ダルマ型や凹み粒子のような異形粒子や、表面凹凸形状を制御した微粒子の合成法についても事例を示しながら紹介する。 

習得できる知識

・機能性材料合成プロセッシング
・異種材料複合化のためのウェットケミカルプロセス
・界面制御プロセス
・コロイドの安定性 

セミナープログラム

1.微粒子合成からの材料設計
 1-1.機能性材料開発における材料プロセッシングの重要性
 1-2.ポリマー微粒子合成法と粒径分布について

2.乳化重合とソープフリー乳化重合について
 2-1.粒子核生成過程
 2-2.粒子成長過程
 2-3.ソープフリー乳化重合における各種操作因子の影響

3.サブミクロン~ミクロンサイズ領域での粒径制御
 3-1.粒子形成過程における粒子表面荷電制御
 3-2.生成粒子径に及ぼす撹拌の効果
 3-3.生成粒子径に及ぼす共存イオン種の効果
 3-4.粒子形成過程でのナノ粒子取込みによる機能化

4.ナノサイズ領域での粒径制御
 4-1.生成ポリマー粒子微小化のための界面制御
 4-2.生成粒子径に及ぼす共存イオン種の効果
 4-3.ポリマーナノ粒子を利用した機能成分の空間配置制御

5.ポリマー系微粒子の形態制御
 5-1.粒子形態制御による材料の機能化
 5-2.微粒子の異形化事例1(ダルマ状微粒子)
 5-3.微粒子の異形化事例2(凹み状微粒子)
 5-4.微粒子表面の凹凸制御事例1(ラズベリー状微粒子)
 5-5.微粒子表面の凹凸制御事例2(ゴルフボール状微粒子)


スケジュール
12:30~14:20 講義
14:20~14:30 休憩
14:30~16:30 講義

※講義の進行状況により多少前後いたします。


ポリマー、高分子、微粒子、ナノ粒子、合成、乳化、重合、ソープフリー、粒径、制御

セミナー講師

東北大学 工学研究科 教授 博士(工学) 長尾 大輔 氏

セミナー受講料

49,500円(税込、資料付)
■ セミナー主催者からの会員登録をしていただいた場合、1名で申込の場合46,200円、
  2名同時申込の場合計49,500円(2人目無料:1名あたり24,750円)で受講できます。
(セミナーのお申し込みと同時に会員登録をさせていただきますので、
   今回の受講料から会員価格を適用いたします。)
※ 会員登録とは
  ご登録いただきますと、セミナーや書籍などの商品をご案内させていただきます。
  すべて無料で年会費・更新料・登録費は一切かかりません。
  メールまたは郵送でのご案内となります。
  郵送での案内をご希望の方は、備考欄に【郵送案内希望】とご記入ください。

受講について

Zoomを使ったWEB配信セミナー受講の手順

  1. Zoomを使用されたことがない方は、こちらからミーティング用Zoomクライアントをダウンロードしてください。ダウンロードできない方はブラウザ版でも受講可能です。
  2. セミナー前日までに必ず動作確認をお願いします。
  3. 開催日直前にWEBセミナーへの招待メールをお送りいたします。当日のセミナー開始10分前までに招待メールに記載されている視聴用URLよりWEB配信セミナーにご参加ください。
  • セミナー資料は事前にPDFにてお送りいたします。
  • 無断転載、二次利用や講義の録音、録画などの行為を固く禁じます。

関連記事

もっと見る
  • 2分でわかるイオン交換樹脂の基礎

      地下水のようなイオンを含んだ水を陰イオン交換樹脂と陽イオン交換樹脂に通すと、水の中の両イオンは、イオン交換樹脂によって除去され、イオン...
  • 押出成形とは

      今回は、断面が一定の形をしたプラスチック成型品を連続的に成形する押出成形の概要を解説します。   1.押出成形とは &...