二軸連続混練押出機による混練技術・装置の変遷とナノコンポジットにみるフィラー分散技術

二軸連続混練機による混練技術の高機能化から、
伸張流動を利用したナノフィラー分散技術まで詳説!

セミナー趣旨

 混練機の誕生から現在に至る変遷について説明し,何故現在のような混練機/押出機の構造になったかについて解説する.併せて,装置の発展してきた歩みも説明する.また,近年,開発されている特殊セグメントについても解説し,現在注目されているナノコンポジットに関して,世の中の動向を説明する.そして,現在進めている伸張流動を利用したナノフィラー分散技術に関する研究の一端を解説する。

セミナープログラム

1.混練の概念(混練とは?)
 1-1.混合・混練の必要性
 1-2.混合・混練の概念
 1-3.混練の目的
 1-4.樹脂混練押出機の分類
 1-5.各機種の混練特性
 1-6.樹脂の溶融と分解

2.混練機・混練技術の変遷
 2-1.バッチ式混練機(基礎実験から研究開発事例まで)
  2-1-1.基礎研究によるロータの変遷
  2-1-2.噛み合い型混練機の開発
  2-1-3.多成分系混練実験
 2-2.二軸連続混練機(非噛合い型異方向回転二軸混練機)
 2-3.二軸連続混練押出機(噛合い型同方向回転二軸混練機)
  2-3-1.装置の変遷とその特長
  2-3-2.スクリュセグメント技術(ニーディングディスク)
  2-3-3.特殊セグメント技術

3.混練機・混練技術の高機能化
 3-1.装置の高性能化(高トルク化を中心に)
 3-2.装置の大型化

4.射出成形機における繊維分散のための流動解析技術
 4-1.繊維強化熱可塑性複合材料成形の動向
 4-2.長繊維ペレットの機械的特性
 4-3.流動解析技術による長繊維化と分散のためのスクリュ形状最適化技術
   (平成26年度プラスチック成形加工学会論文賞受賞)

5.二軸押出機におけるフィラー分散のための流動解析技術
 5-1.ポリマー化学反応解析
 5-2.ニーディングディスク(キー溝部)の応力解析
 5-3.超臨界CO2利用によるナノクレイ分散技術(最適シールリング形状)

6.ナノコンポジットの最近の動向とナノフィラー分散技術
 6-1.最近のナノコンポジットの研究動向
 6-2.二軸混練押出機によるナノフィラー分散技術
 6-3.高速せん断流動を利用した射出成形機によるナノフィラー分散技術
 6-4.高圧伸張流動を利用した二軸混練押出機によるナノフィラー分散技術
  6-4-1.伸長流動発現の新規セグメント技術
  6-4-2.伸張流動によるCNT(CNF)分散技術
  6-4-3.伸張流動によるポリマーアロイ分散技術


二軸、押出機、混練、分散、ナノ、コンポジット、フィラー、せん断、伸長流動、CNT

セミナー講師

同志社大学 先端複合材料研究センター センター長
      理工学部 機械理工学科 教授 博士(工学) 田中 達也 氏

セミナー受講料

55,000円(税込、資料付)
■ セミナー主催者からの会員登録をしていただいた場合、1名で申込の場合49,500円、
  2名同時申込の場合計55,000円(2人目無料:1名あたり27,500円)で受講できます。
(セミナーのお申し込みと同時に会員登録をさせていただきますので、
   今回の受講料から会員価格を適用いたします。)
※ 会員登録とは
  ご登録いただきますと、セミナーや書籍などの商品をご案内させていただきます。
  すべて無料で年会費・更新料・登録費は一切かかりません。
  メールまたは郵送でのご案内となります。
  郵送での案内をご希望の方は、備考欄に【郵送案内希望】とご記入ください。

受講について

Zoomを使ったWEB配信セミナー受講の手順

  1. Zoomを使用されたことがない方は、こちらからミーティング用Zoomクライアントをダウンロードしてください。ダウンロードできない方はブラウザ版でも受講可能です。
  2. セミナー前日までに必ず動作確認をお願いします。
  3. 開催日直前にWEBセミナーへの招待メールをお送りいたします。当日のセミナー開始10分前までに招待メールに記載されている視聴用URLよりWEB配信セミナーにご参加ください。
  • セミナー資料は開催前日までにお送りいたします。
    ご自宅への送付を希望の方はコメント欄にご住所などをご記入ください。
    開催まで4営業日~前日にお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますことご了承下さい。
  • 無断転載、二次利用や講義の録音、録画などの行為を固く禁じます。

関連記事

もっと見る