初心者向けセミナーです 匂いセンシング技術の基礎知識と匂いバイオセンサの研究開発

人工匂いセンサ・匂いバイオセンサの検出原理や種類など
基礎知識から解説します! 

セミナー趣旨

 匂いセンシング技術をもとに、実社会においては食品の品質管理や環境モニタリング、健康状態の把握など、様々な分野で匂い情報の活用がなされています。これまでに、様々な匂いセンサの研究開発が行われ、上記のような応用利用が展開されてきました。近年では、生物における嗅覚研究の進展から、嗅覚受容体タンパク質のような生物の持つ機能を利用した匂いバイオセンサの研究も進められており、さらに優れた匂いセンシング技術の開発が期待されています。
 本講演では、一般的な人工匂いセンサおよび匂いバイオセンサの検出原理や種類などの基礎知識から解説をします。国内外の匂いセンシング技術に関連した研究の現状についても概要を簡単に説明します。また、匂いバイオセンサシステム研究の実例として、嗅覚受容体タンパク質を発現させた培養細胞による匂いバイオセンサとその計測システムについて説明します。この細胞センサを用いてセンサアレイを構成し匂いを識別する手法、さらに能動センシング技術を利用して匂い成分濃度を定量する手法についても紹介します。

セミナープログラム

1. 匂いと生物の嗅覚
 1.1. 匂いとは
 1.2. 生物における匂い認識
 1.3. 嗅覚受容体タンパク質

2. 匂いセンシング技術
 2.1. 人工匂いセンサの基礎知識
 2.2. 人工匂いセンサの応用例
 2.3. 匂いバイオセンサの基礎知識
 2.4. 匂いバイオセンサの利点と欠点
 2.5. 匂いセンシング研究の国内外の最新動向

3. 匂いバイオセンサシステム研究の実例
 3.1. 昆虫の嗅覚受容体を発現させた細胞型センサ
 3.2. 細胞センサと画像を利用したセンサアレイの構築手法
 3.3. カルシウムイメージングでのロックイン計測法
 3.4. 細胞センサ蛍光画像による匂い識別手法
 3.5. 能動センシング技術を活用した匂い濃度定量手法


におい、バイオセンサ、嗅覚、匂いセンサ、WEB、研修、セミナー
 

セミナー講師

東京大学 先端科学技術研究センター 特任研究員 祐川 侑司 氏

セミナー受講料

49,500円(税込、資料付)
■ セミナー主催者からの会員登録をしていただいた場合、1名で申込の場合46,200円、
  2名同時申込の場合計49,500円(2人目無料:1名あたり24,750円)で受講できます。
(セミナーのお申し込みと同時に会員登録をさせていただきますので、
   今回の受講料から会員価格を適用いたします。)
※ 会員登録とは
  ご登録いただきますと、セミナーや書籍などの商品をご案内させていただきます。
  すべて無料で年会費・更新料・登録費は一切かかりません。
  メールまたは郵送でのご案内となります。
  郵送での案内をご希望の方は、備考欄に【郵送案内希望】とご記入ください。

受講について

Zoomを使ったWEB配信セミナー受講の手順

  1. Zoomを使用されたことがない方は、こちらからミーティング用Zoomクライアントをダウンロードしてください。ダウンロードできない方はブラウザ版でも受講可能です。
  2. セミナー前日までに必ず動作確認をお願いします。
  3. 開催日直前にWEBセミナーへの招待メールをお送りいたします。当日のセミナー開始10分前までに招待メールに記載されている視聴用URLよりWEB配信セミナーにご参加ください。
  • セミナー資料は開催前日までにお送りいたします。
    ご自宅への送付を希望の方はコメント欄にご住所などをご記入ください。
    開催まで4営業日~前日にお申込みの場合、セミナー資料の到着が、開講日に間に合わない可能性がありますことご了承下さい。
  • ご質問については、オープンにできるご質問をチャットにご記入ください。個別相談(他社に知られたくない)のご質問は後日メールにて講師と直接お願いします。
  • タブレットやスマートフォンでも視聴できます。
  • 無断転載、二次利用や講義の録音、録画などの行為を固く禁じます。

関連記事

もっと見る