初心者向けセミナーです ゾル‐ゲル法を新規材料開発で活用するための実用的な総合知識【オンデマンド配信】

ゾル-ゲル法の基礎から応用を実務に適応できるよう
包括的にやさしく解説

~基礎、原料・材料選択、合成プロセス、反応メカニズム、解析、応用~

多彩な合成プロセスの理解、ゾル‐ゲル法をベースにした新規材料開発に活かせる知識と技術を習得!

このセミナーは【オンデマンド配信】です。お申込み日から14日間ご視聴いただけます。

2021年5月27日(木)  23:59まで申し込み受付
※視聴時間:約4時間24分

セミナー講師

FAMテクノリサーチ 代表 山田 保治 氏

セミナー受講料

※お申込みと同時にS&T会員登録をさせていただきます(E-mail案内登録とは異なります)。

49,500円( E-mail案内登録価格46,970円 )
E-Mail案内登録なら、2名同時申込みで1名分無料
2名で 49,500円 (2名ともE-mail案内登録必須/1名あたり定価半額24,750円)

【1名分無料適用条件】
※2名様ともE-mail案内登録が必須です。
※同一法人内(グループ会社でも可)による2名同時申込みのみ適用いたします。
※3名様以上のお申込みの場合、1名あたり定価半額で追加受講できます。
※受講券、請求書は、代表者に郵送いたします。
※請求書および領収証は1名様ごとに発行可能です。
 (申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。)
※他の割引は併用できません。

※テレワーク応援キャンペーン(1名受講)【Live配信/WEBセミナー受講限定】
1名申込みの場合:35,200円 ( E-Mail案内登録価格 33,440円 )
※1名様でLive配信/WEBセミナーを受講する場合、上記特別価格になります。
※他の割引は併用できません。

受講について

オンデマンド配信の受講方法・視聴環境確認

  • 録画セミナーの動画をお手元のPCやスマホ・タブレッドなどからご視聴・学習することができます。
  • 申込み後すぐに視聴可能です。S&T会員マイページ(無料)にログインいただき、ご視聴ください。
  • 視聴期間は申込日より営業日で14日間です。ご視聴いただけなかった場合でも期間延長いたしませんのでご注意ください。
  • セミナーに関する質問に限り、後日に講師にメールで質問可能です。
    (テキストに講師の連絡先が掲載されている場合のみ)
  • 以下の視聴環境および視聴テストを事前にご確認いただいたうえで、お申込みください。
    セキュリティの設定や、動作環境によってはご視聴いただけない場合がございます。
    ≫ 視聴テスト【ストリーミング(HLS)を確認】  ≫ 視聴環境

配布資料

  • 製本テキスト
    ※PDFデータの配布はありません。
    ※セミナー資料はお申し込み時のご住所へ発送させていただきます。

セミナー趣旨

 ゾル‐ゲル法は、金属塩や金属アルコキシドを比較的温和な条件で加水分解・重縮合反応し、金属酸化物を合成するセラミックスの低温合成法として注目され発展してきた。合成プロセスが多彩で、バルク体、薄膜(コーティング膜)、ファイバー、粒子などいろいろな製品をつくることができるため、新規な材料開発などに応用されてきた。
 特に近年、有機-無機ハイブリッド材料の合成にこのゾル-ゲル法が使用されるに至って、光機能、電子機能、熱機能、力学機能、化学機能や生体機能などを有する高機能材料が盛んに開発され、光学・エレクトロニクス、塗料・コーティング、環境、エネルギーやバイオ・医療分野へ応用されている。
 本セミナーは、材料選択、合成プロセス、反応機構、反応解析、ナノ粒子や機能性材料の開発など、ゾル-ゲル法の基礎から応用までを実務に適応できるよう包括的にやさしく解説する一日速成講座です。

受講対象・レベル

企業や大学で、

  • ゾル‐ゲル法を応用した開発研究している方
  • ゾル‐ゲル法で有機-無機ナノハイブリッド材料開発をしている方
  • ゾル‐ゲル法の基礎と応用を包括的に習得したい方

習得できる知識

ゾル-ゲル法の基礎知識、反応メカニズム、活用法や機能性セラミックス、ナノ粒子、メソポーラスシリカ、有機‐無機ハイブリッド材料などの高機能材料などゾル‐ゲル法をベースにした新規材料開発に活かせる知識や技術が習得できます。

セミナープログラム

  1. ゾル‐ゲル法の基礎
    1. ゾル‐ゲル法開発の歴史
    2. ゾル‐ゲル反応とは
    3. ゾル‐ゲル法の特徴(長所と短所)
    4. ゾル‐ゲル法の課題
    5. ゾル‐ゲル材料の機能と応用
  2. ゾル‐ゲル法の概要
    1. 加水分解反応と重縮合反応
    2. 反応メカニズム
    3. ゾル‐ゲル反応の制御(ゾル‐ゲル反応の支配因子)
    4. アルキルシリケート-1(シランカップリング剤)
    5. アルキルシリケート-2(架橋型有機アルコキシシラン化合物)
  3. ゾル‐ゲル法の反応解析とゲル構造解析
    1. 加水分解反応の解析
    2. 重縮合反応の解析
    3. ゲル(ネットワーク)構造の解析
  4. ゾル‐ゲル法による材料合成
    1. ガラスの合成
    2. ファインセラミックスの合成
    3. 成形プロセス(コーティング膜の作製)
      1. デップコーティング
      2. スピンコーティング
    4. 微粒子(ナノ粒子)の合成
    5. ナノシリカの合成法、種類、構造と粒径制御
      1. 気相法
      2. 液相法
      3. Stober法
    6. シルセスキオキサンの合成
    7. ナノポーラスシリカの合成
      1. 分子鋳型(テンプレート)法
      2. コア-シェル法
      3. 細孔壁構造の制御(機能化)
      4. 応用(触媒、吸着材、断熱フィルム、光制御薬剤、DDSなど)
  5. ゾル-ゲル法の応用(高機能材料の開発)
    1. 有機‐無機ハイブリッド材料の合成
      1. 合成法
      2. ハイブリッド化による界面・分散性の制御
      3. 特性
      4. 構造解析
      5. 応用(ハードコート剤)
    2. 種々な有機-無機ハイブリッド材料の調製と特性
      1. 汎用(熱可塑性)樹脂(PMMA、PC、PLAなど)
      2. 耐熱性・熱硬化性樹脂(PI、エポキシ樹脂など)
    3. 高機能材料への応用
      1. プロトン伝導性材料と燃料電池
      2. 高活性触媒・光触媒
      3. 無機(セラミック)分離膜
      4. 表面機能制御(撥水コート剤)
      5. 生体(適合性)材料
  6. 参考図書

キーワード:
1. 加水分解・縮合反応
2. ゾルーゲル反応メカニズム
3. ナノ・中空・メソポーラスシリカ
4. 機能性セラミックス
5. 有機‐無機ハイブリッド材料