断熱材料の基礎知識と開発動向

断熱材の原理やその種類の概要、最近の技術動向まで、
断熱材導入のための必須講座です!


~正しい選択と導入のために~


講師


(国研)産業技術総合研究所 化学プロセス研究部門
階層的構造材料プロセスグループ 研究グループ長 博士(工学) 依田 智 氏
<ご専門>
 高圧CO2を用いた多孔質材料の製造
<学協会>
 日本化学会、化学工学会、成形加工学会、日本ゾルゲル学会
<ご略歴>
 1993年 東北大学大学院工学研究科博士前期課程修了
 同 年  通商産業省工業技術院物質工学工業技術研究所 入所
      組織改編を経て現在に至る。この間、
 2004-2005年 英国Nottingham大学理学部客員研究員
 2009-2010年 経済産業省研究開発課
 2011年 技術士(化学部門)


受講料


49,500円(税込、資料付)


■ セミナー主催者からの会員登録をしていただいた場合、1名で申込の場合46,200円、
  2名同時申込の場合計49,500円(2人目無料:1名あたり24,750円)で受講できます。
  備考欄に「会員登録希望」と希望の案内方法【メールまたは郵送】を記入ください。
(セミナーのお申し込みと同時に会員登録をさせていただきますので、
  今回の受講料から会員価格を適用いたします。)
※ 会員登録とは
  ご登録いただきますと、セミナーや書籍などの商品をご案内させていただきます。
  すべて無料で年会費・更新料・登録費は一切掛かりません。
※ 2019年10月1日以降に開催されるセミナーの受講料は、お申込みいただく時期に
  関わらず消費税が10%になります。


受講対象・レベル


・建築物、自動車、各種設備等、室温から中低温の断熱化、省エネ化に関わる方
・断熱材の選択、導入においての考え方


習得できる知識


・断熱材の基礎知識
・新規断熱材の特徴


趣旨


 建物や自動車、各種設備に高性能な断熱材を導入して省エネルギーや熱の有効利用を
図りたいと考える企業技術者の方が増えています。断熱材は既存の枯れた技術が確立しており、
高価な新しい材料のメリットが見えにくい点もあると思います。
 その一方、科学的に考えると根拠の貧弱な“断熱材料”も出回ってもいます。
断熱材を正しく選んで導入を行うためには、正しい基礎知識を企業の方に理解していただくことが
重要と考えています。
 本講では、断熱材の原理やその種類の概要からスタートして、最近の技術動向まで解説します。
断熱材の導入を考える上で、検討すべき点、注意すべき点の見極めができるようになる内容に
したいと考えています。


プログラム


1.断熱材の基礎知識
  1-1.熱伝達の機構と断熱の原理
    1-1-1.伝熱の機構
    1-1-2.熱伝導率
    1-1-3.熱伝達率
    1-1-4.熱通過率(熱貫流率)
    1-1-5.断熱の考え方
  1-2.断熱材の種類と状況
  1-3.断熱材の性能評価
    1-3-1.定常法:熱板法
    1-3-2.非定常法:熱線法
    1-3-3.断熱材の測定方法
    1-3-4.断熱材の性能評価における問題

2.新しい断熱材の開発動向
  2-1.高性能断熱材の種類と状況
  2-2.真空断熱材
  2-3.発泡ポリマー系断熱材
  2-4.シリカエアロゲル系断熱材
  2-5.塗料、フィルム

3.新規断熱材の導入、選択にあたり留意すべき点

4.まとめと今後の展望