ペロブスカイト太陽電池の最前線
発電原理や製造プロセス、素材の開発動向、コストなど詳しく解説!

セミナー講師

桐蔭横浜大学 医用工学部 教授 博士(理学) 池上 和志 先生

セミナー受講料

1名47,300円(税込(消費税10%)、資料付)
 *1社2名以上同時申込の場合、1名につき36,300円
 *学校法人割引;学生、教員のご参加は受講料50%割引。

受講について

※本講座は、お手許のPCやタブレット等で受講できるオンラインセミナーです。

配布資料・講師への質問等について

  • 配布資料はPDF等のデータで送付予定です。受取方法はメールでご案内致します。
    (開催1週前~前日までには送付致します)。

    ※準備の都合上、開催1営業日前の12:00までにお申し込みをお願い致します。
    (土、日、祝日は営業日としてカウント致しません。)
  • 当日、可能な範囲で質疑応答も対応致します。
    (全ての質問にお答えできない可能性もございますので、予めご容赦ください。)
  • 本講座で使用する資料や配信動画は著作物であり、
    無断での録音・録画・複写・転載・配布・上映・販売等を禁止致します。

下記ご確認の上、お申込み下さい

  • PCもしくはタブレット・スマートフォンとネットワーク環境をご準備下さい。
  • ご受講にあたり、環境の確認をお願いしております(20Mbbs以上の回線をご用意下さい)。
    各ご利用ツール別の動作確認の上、お申し込み下さい。
  • 開催が近くなりましたら、当日の流れ及び視聴用のURL等をメールにてご連絡致します。

Zoomを使用したオンラインセミナーとなります

  • ご受講にあたり、環境の確認をお願いしております。
    お手数ですが下記公式サイトからZoomが問題なく使えるかどうか、ご確認下さい。
    確認はこちら
    ※Skype/Teams/LINEなど別のミーティングアプリが起動していると、Zoomでカメラ・マイクが使えない事があります。お手数ですがこれらのツールはいったん閉じてお試し下さい。
  • Zoomアプリのインストール、Zoomへのサインアップをせずブラウザからの参加も可能です。
    ※一部のブラウザは音声(音声参加ができない)が聞こえない場合があります。
     必ずテストサイトからチェック下さい。
     対応ブラウザーについて(公式) ;
     「コンピューターのオーディオに参加」に対応してないものは音声が聞こえません。

セミナー趣旨

ペロブスカイト太陽電池は、2017年にクラリベイトアナリティクス引用栄誉賞を受賞し、ノーベル賞候補としても注目される新型太陽電池です。
本講座では、ペロブスカイト太陽電池を世界で最初に報告した桐蔭横浜大学宮坂研究室で12年以上にわたり研究を進めている研究者が、ペロブスカイト太陽電池研究の基礎から、現在の研究動向まで総括的に解説します。ペロブスカイト太陽電池の発電原理や製造プロセス、最近特に関心が高い非鉛系ペロブスカイトの開発動向、その期待されるアプリケーションについても解説します。

習得できる知識

・ペロブスカイト太陽電池の研究の動向
・太陽電池の発電原理
・シリコン系太陽電池とペロブスカイト太陽電池の発電特性の相違点
・ペロブスカイト太陽電池のその他用途への展開

セミナープログラム

1. ペロブスカイト太陽電池とは
(1) ペロブスカイト化合物とは
(2) ハロゲン化鉛系ペロブスカイトの発光特性
(3) ハロゲン化鉛系ペロブスカイトの太陽電池への応用
(4) 有機系太陽電池の開発の歴史とペロブスカイト

2. ペロブスカイト太陽電池が注目された2012年
(1) 2012年以前のペロブスカイト太陽電池の研究動向
(2) 2012年出願の特許
(3) 2012年以前の海外の動向
(4) 韓国、EPFL、オックスフォード、桐蔭横浜大学の論文
(5) 固体型ペロブスカイト太陽電池の原型

3. 他の太陽電池との比較
(1) 無機系太陽電池と有機系太陽電池の用途
(2) ペロブスカイト太陽電池の利点

4. ペロブスカイト太陽電池の可能性
(1) ペロブスカイト太陽電池の材料コスト
(2) 鉛の使用と、非鉛化の課題

5. ペロブスカイト太陽電池の実用化動向
(1) ペロブスカイト太陽電池に取り組む企業
(2) ペロブスカイト太陽電池に取り組む大学
(3) 国プロジェクトの動向
(4) ベンチャー企業(国内、海外)

6. ペロブスカイト太陽電池の発電特性
(1) ペロブスカイト太陽電池の発電機構
(2) 発電特性の特長
(3) 必要部材
(4) 電子輸送層とホール輸送層

7. ペロブスカイト太陽電池の層構成
(1) メソスコピック型
(2) プラナー型
(3) 順構造と逆構造
(4) ホール輸送層は必要か

8. ペロブスカイト太陽電池の製膜方法
(1) スピンコート法
(2) バーコート法
(3) インクジェット法
(4) その他

9. 非鉛型ペロブスカイト太陽電池
(1) 研究動向
(2) 非鉛型の候補元素
(3) 耐久性向上と高効率化

10. 実用化に向けた課題
(1) フレキシブル化とその用途

11. ハロゲン化鉛系ペロブスカイトの応用
(1) 発光素子
(2) 放射線検出素子
(3) 高感度光センサー

12. 最近の研究動向
(1) 国内、海外での学会

13. 将来展望

<質疑応答>