実際に画像識別ネットワークを設計・作成し、
その場でデータ学習まで実施します!

実用的な画像識別ニューラルネットワークを構築し、
データの投入・学習・検証までを一貫して学習します。

セミナー講師

森出茂樹(もりでしげき) 氏
シンギュラーテクノロジーズ(Singular Technologies) 代表

<略歴>
 ものづくりの現場AI・ディープラーニングを使いこなす人材育成コンサルティングを行うとともに、機械学会、時計学会、ロボット学会、日本情報システム・ユーザー協会などでディープラーニングに関する講演・講座を実施中。
 前職富士通株式会社では、ARを始めEclipse FoundationでのProject 設立など、新プロダクトの企画・推進を行う。直近ではAI関連部門をまたぎ企画・研究・開発を行うと共に、社内外累計500余名にディープラーニング教育を実施。実務者コミュニティ構築なども推進。著述・講演・特許多数。
 2018年 Singular Technologies設立。

 ・一般社団法人 日本流通自主管理協会 技術顧問
 ・株式会社 Anamorphosis Networks 顧問
 ・成城大学 社会イノベーション学部 非常勤講師  <学会>  日本人工知能学会会員

<学会>
 日本人工知能学会会員

セミナー受講料

お1人様受講の場合 60,500円[税込]/1名

※実習セミナーにつき、1口申込みはありません

受講について

  • 本セミナーの受講にあたっての推奨環境は「Zoom」に依存しますので、ご自分の環境が対応しているか、お申込み前にZoomのテストミーティング(http://zoom.us/test)にアクセスできることをご確認下さい。
  • インターネット経由でのライブ中継ため、回線状態などにより、画像や音声が乱れる場合があります。講義の中断、さらには、再接続後の再開もありますが、予めご了承ください。
  • 受講中の録音・撮影等は固くお断りいたします。

☆本セミナーのご参加にあたっては、参加前に以下の事前準備をお願いいたします。
  ・Windows10 64bit版のPC
  ・Sony NNCのダウンロード、解凍・展開(約1GB)。
  ・Sony Neural Networkに必要なIDの用意とログイン。
  ・オリジナル写真データセットをダウンロードして解凍・展開(約1GB)
   …ダウンロードやデータ設定の方法は事前にマニュアルを配布いたしす。
  ・マイクによる対話参加環境が必須条件となります。

 さらに、以下の環境を推奨します。
  ・Webカメラ。
  ・Zoom画面とSONYツールを同時に表示できるディスプレイ環境(2画面または大画面)。

セミナー趣旨

 本講座では、実際に画像識別ネットワークを設計・作成し、その場でデータ学習まで実施するワークショップを行います。
 分析には、直感的に設計でき、学習・評価を快適に実現するディープラーニング・ツールであるNeural Network Console(以下NNC)はソニー社の提供するニューラルネットワークを使用します。
 具体的には、NNCを使ったチュートリアルを行い、その後オリジナルの牛丼写真データセットを使って、どの店舗の牛丼であるかをデータ学習します。データ学習結果からレポートを作成しますので、ワークショップ受講成果を職場に報告できます。
 実用的な画像識別ニューラルネットワークを構築し、データの投入・学習・検証までを一貫して学習します。

セミナープログラム

 1 環境設定とチュートリアル … 午前の部
  1.1 ワークショップ進行説明
  1.2 演習環境準備
  1.3 Deep Learning復習
  1.4 Sony Neural Network Consoleの特徴
  1.5 チュートリアル実行

 2 画像認識実データ演習 … 午後の部
  2.1 演習ネットワーク解説
  2.2 データ入力準備と設定
  2.3 ネットワーク構造入力
  2.4 画像トレーニングとバリデーション実行(1)
  2.5 認識結果解釈
  2.6 ネットワーク改造
  2.7 画像トレーニングとバリデーション実行(2)
  2.8 認識結果解釈
  2.9 まとめ