「寸法公差」「幾何公差」の基礎と公差設計のポイント・適用ノウハウ

公差設計がきちんとできると国際競争力が高まります。

演習を交え「寸法公差」「幾何公差」の理解度アップ,
すぐに実践で公差設計を活用できるようになる!!


講師


TAKE技術士事務所 所長 竹内 春樹 氏
技術士(機械部門) 労働安全コンサルタント

【講師紹介】
 技術士(機械部門),労働安全コンサルタント(機械安全),安全管理者選任時研修講師。
 昭和52年東京都立大学(現:首都大学東京)工学部機械工学科修了し,NKK日本鋼管(株)(現:JFEエンジニアリング(株))入社。
 プレスブレーキ,シャーリングマシン,油圧プレス等金属加工機械や鍛圧機械設備,自動車・家電等製造メーカ向け各種FA(ファクトリーオートメーション)及びスタッカクレーンを核とする物流機械設備等の計画,設計,開発,工事監理に携わる。また,機械式立体駐車場・駐輪場の計画,商品開発も手掛けその普及及び部品製造工場の各種改善指導に努める。
 専門領域は,機械設計,生産性向上,品質改善,本質安全化,プロジェクトマネジメント及び事業場の安全診断・改善指導等で,日本技術士会会員,労働安全コンサルタントとして,各種機械設備の技術監理,品質,安全に関する社会貢献活動を積極的に展開しており,機械設計,機械安全,労働安全マネジメントシステム等の講師も務めている。


受講料


42,000円(消費税込)
(テキストおよび昼食を含みます。)


受講のおすすめ


 「モノづくり」に欠かせない図面は,製品設備設計者の意図を広く正確に伝える情報伝達手段ですが,その中で,「寸法公差」,「幾何公差」は,製品設備の性能・品質を確保させる大変重要な要素です。
また,「寸法公差」,「幾何公差」は,モノづくりの加工製造コストにも大きく影響することから,その適用は性能・品質及びコスト等を充分勘案した上で,分かり易くかつ適切に決定,指示しなければなりません。
 本セミナーでは,製造メーカ技術者や生産技術者,研究開発者を始め,品質保証や安全部門の方々を対象に「寸法公差」,「幾何公差」の基礎・ルールから学び,公差設計のポイントや講師の豊富な体験を通じた公差の適用ノウハウ等を分かり易く解説します。また,演習も交え説明しますので,理解度が高まり,すぐに設計,製造,検査等業務の実践で活用することができます。これにより,「モノづくり」の重要要素の一つである公差設計もできるようになる他,製造商品の国際競争力も高めることが可能となります。是非ご受講下さい。

【対象者】
・機械製図を少しでも学んだ方,あるいは機械製図を学び直したい方
・製品設備メーカ技術者,生産技術者,研究開発技術者
・品質保証,安全部門関係者


セミナープログラム


1.公差はなぜ必要か

2.公差の種類

3.寸法公差
3.1 用語と定義
3.2 許容限界寸法の記入法
3.3 寸法の普通公差とその表し方
3.4 寸法記入法の違いによる公差

4.はめあい
4.1 はめあいの種類
4.2 公差を表す記号とその読み方
4.3 常用するはめあい
4.4 はめあいの選定方法
4.5 はめあい公差の実例
4.6 演習

5.幾何公差
5.1 種類と記号
5.2 幾何公差の表し方
5.3 データム
5.4 幾何公差の実例
5.5 演習

6.活用のポイント

 ◎ 質疑応答

月刊ビッグライフ21 BigLife21 私たちは全国420万中小企業の代弁者です。
エンジニアのための役立つ情報サイト