<2050年:CO2総排出量を80%削減を目指す!>真空断熱材の基礎・入門、ナノ多孔質粒子による超寿命化・評価

初心者向けセミナーです

断熱材料周辺におけるサーマルマネジメント技術の最新動向
ナノ多孔質セラミックス粒子を用いた真空断熱材でさらなる断熱性能へ!


基礎から、耐久性、省エネの実証試験やISO化の動向まで!

セミナー講師

(株)LIXIL Technology Research本部 物性分析研究所 所長 井須 紀文 氏
【専門】
材料科学、多孔体

セミナー受講料

44,000円( S&T会員受講料41,800円 )
(まだS&T会員未登録の方は、申込みフォームの通信欄に「会員登録情報希望」と記入してください。
詳しい情報を送付します。ご登録いただくと、今回から会員受講料が適用可能です。)
S&T会員なら、2名同時申込みで1名分無料
2名で 44,000円 (2名ともS&T会員登録必須/1名あたり定価半額22,000円)

【1名分無料適用条件】
※2名様ともS&T会員登録が必須です。
※同一法人内(グループ会社でも可)による2名同時申込みのみ適用いたします。
※3名様以上のお申込みの場合、1名あたり定価半額で追加受講できます。
※受講券、請求書は、代表者に郵送いたします。
※請求書および領収証は1名様ごとに発行可能です。
 (申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。)
※他の割引は併用できません。

セミナー趣旨

 2050年にCO2総排出量を80%削減することを目指した研究開発を進めている。
 住宅の省エネは今後ますます重要であり、断熱性能の向上を目指してナノ多孔質構造を持つセラミックス粒子を用いた真空断熱材の開発に取組んでいる。ナノ多孔質粒子を用いることで、センイ系に比べて真空劣化に対する耐久性が非常に高くなる。耐久性、省エネの実証試験やISO化の動向について述べる。

習得できる知識

・真空断熱材の基礎
・性能評価法
・寿命予測
・高性能化のポイント
・国際動向

セミナープログラム

1.はじめに
2.断熱性向上の手法
3.住宅に必要とされる断熱材とは
4.断熱材及び真空断熱材の技術動向
5.ナノ多孔質構造をもつ断熱材および真空断熱材
 5.1 ナノ多孔質セラミックス粒子を用いた真空断熱材
 5.2 エアロゲル法によるナノ多孔質透明セラミックス
 5.3 ナノ構造セラミックス遮熱コーティング

6.断熱材および真空断熱材の実証試験による省エネ効果の検証
 6.1 試験概要
 6.2 省エネルギー効果
  6.2.1 季節ごとの室内温度変化と消費電力

7.長期耐久性の検証
8.断熱性能向上についての検討
9.ISO化の動向

  □質疑応答・名刺交換□