※いずれも質問投稿には会員登録が必要です
個人情報(個人名やメールアドレスなど)が公開されることはありません。


QUESTION 質問No.490

要因配置実験の使いどころ

設計・開発  | 投稿日時:
要因配置実験の使いどころが正直よくわかっていません。例えば4水準と3水準の2因子、及びその交互作用を見たいときは、2元配置実験を実施すべきなのでしょうか。この場合、24回の試験が必要かと思うのですが、直交実験(L16)であれば16回で済むと思うのですが。1因子、2因子実験であれば盲目的に要因配置実験(の方が直交実験より精度良い)と思い込んでいるのですが、間違いありませんでしょうか?