※いずれも質問投稿には会員登録が必要です
個人情報(個人名やメールアドレスなど)が公開されることはありません。


QUESTION 質問No.385

モノづくり中小企業向けデジタルマーケティングツール

企画 戦略/マーケティング | 投稿日時:
ベンチャー/中小企業支援コンサルタントの方とWeb上で試作受注するツールを考えております。内容としては、

①要素技術の紹介ページを設ける(TAMA試作ネットワーク参考)。ただし英語ページにはホワイトペーパーを準備する(マイクロスケールの解像度4μ等他所から持ってこれないレベルの差別化のポイントに絞り記載)。

②図面と設計FMEA(4段階、設計交差誤差、品質ロスコスト含む)見積もり依頼を提出して貰う。
サイトでの入力事項は下記の通り
(a)手配数量、リピートの場合はロット数
(b)リピート性の有無、頻度
(c)請負の範囲(図面の内容すべてなのか、一部なのか)
(d)CADデータ、 特記事項
(e)「材料調達先」
(f)「支給される材料のサイズ」
(g)「表面処理を含めるか」といった工程全般に関する具体的な業務範囲
(h)見積期日と発注予定日
(i)予算単価や類似品実績単価など、見積金額の参考となる単価

③②の時、スキル推薦機能を付ける(「仲間回し」機能)

④簡易見積もり価格計算システムの搭載。構成は下記の通り。
(a)材料費[円] =素材体積[m3] X 素材密度[kg/m3] X キロ単価[円/kg]
(b)加工費[円] = 標準加工工数[時間] X 時間チャージ(3000~4000)[円/時間]
等必要かと考えております。

フィードバック機能も必要ですが、まずは他に必要と思われる機能はありませんでしょうか?



ANSWER
回答No1 | 投稿日時:

チャレンジャーさん、ご提案ありがとうございます。

①の中小企業要素技術ポータル的なサービスは結構たくさんあるのですが、入力する手間に対する受注成果が乏しいためか、老舗的な少数サービス以外は、製造業利用者の獲得に苦労しているようです。
中小企業が自社の技術資産に気づいていないというケースもありそうです。

②③④については、すでに動き出しているサービスがいくつかあるようです。ものづくり、特に試作については、注文が広範囲で極めて固有の内容が含まれるため、標準のシステムで扱うことが難しいようです。

「難しいものほど実現した時の価値が大きく、競争力がある」わけですので、ぜひチャレンジしてほしいと思います。
差別化ポイントは、特許化も忘れずに進めましょう。