※いずれも質問投稿には会員登録が必要です
個人情報(個人名やメールアドレスなど)が公開されることはありません。


QUESTION 質問No.35

中国CCC 規格に対応する手順

設計・開発  | 投稿日時:
装置内配線を受託生産しております。
先日取引先より、中国のCCC認証が通るように組み立てて欲しいと依頼を受けましたが、初めての事でどこから手を付ければよいか分かりません。
最も効率的な対処の仕方を教えてください。

(これは運営スタッフによる仮想の質問です)


ANSWER
回答No1 | 投稿日時:

香港在住10年のモノづくりコンサルタント青山と申します。
華南地区を中心に、日本企業にとっては最もメリットがあるケーブル組立企業やEMSもサポートしています。このような経験から以下のごとく回答申し上げます。

CCCへの適合は設計に大きく依存します。通常は取引先が部品表で認証材料を指定してきます。このケースも、本来は取引先によって配線材料等が指定されるべきと考えます。

もし、部品・材料の選択まで任されているのでしたら、国内での部材選択には少し苦労するかもしれません。
取引先はCCCの知識があって装置を設計し、CCC対象品を中国へ納入している推測されます。したがって、先ずは取引先へ情報提供を依頼するのが手っ取り早いと考えます。
同時に並行して、CCCの認証済み部材を製造している国内メーカ、あるいは海外メーカを検索しては如何でしょうか?AV機器、家電製品等CCC対象となる製品の部材は国内でも作られているので、認証済み部材は多いと考えます。
特に注意すべきは安全とEMCです。これらは部材認証のみならず、組み立てでも影響を受けます。特に電源回り、配線の引き回し、電磁シールド(電気的・空間的)には気を配ることが必要です。
華南でのUL、IEC, CCC規格を満たすケーブル、電子部材の裾野は大変に広く多様です。
もしこれらでご要求などがありましたらご相談いただきたく存じます。

以上少しでもお役にたてれば幸いに存じます。
青山利幸