※いずれも質問投稿には会員登録が必要です
個人情報(個人名やメールアドレスなど)が公開されることはありません。


QUESTION 質問No.211

コスト低減のための技術体系

生産  | 投稿日時:
外部コストの低減への取組みについて、質問します。発注担当者にヒアリングすると、「価格を下げられるだけ下げてもらっている」「最大限価格交渉している」などとういう言葉を耳にするが、最大限安い価格で発注すること、安さだけの追及では、無理が続かず「買い叩き」にいつか終わりがくる。経営者として求めているのは、適正な価格を知り、目標を持って交渉していく仕事への姿勢・取組みである。目標を設定する技術、機能購買の技術、コスト分析・プライス分析の技術、買い方改善の技術など、コスト低減のための技術体系を解説して下さい。



ANSWER
回答No1 | 投稿日時:

日本コストプランニング㈱間舘(マダテ)と申します。
弊社は、コストテーブルを活用したコスト見積の進め方とそれを具現化した見積ソフト、コストダウンの指導を行っています。

ご指摘のありました調達品のコストダウンについて、未だに「買い叩き」を行っている企業が多々あります。
そして、買い叩きは、取引先の企業努力を促す面はありますが、その影響によるデメリットを発生させていることの方が多いでしょう。

たとえば、バイヤーが、取引先になんの裏付けを持つことなく、強く値引きを要求していると、取引先として取引に消極的になるか、あるいは取引品目について手を抜くこと(品質の低下や納期遅れ)を招くことが見受けられます。
これは、バイヤーが品質対策や納期調整などに多くの時間を割くことになって、本来の調達業務のための時間を大きく減らすことになってしまうことになります。
さらに、価格交渉では、新規の見積依頼品目について、高い見積金額が出てくるようになります。

さて、コスト低減のための技術体系ということですが、ここで説明できるほど簡単ではありません。
まずは、コスト理論を知ることから始めることです。弊社の述べるコスト理論とは、科学的・論理性を持ったコストの構築のことです。

品目のコストは、材料費+加工費+運賃で求めます。
 材料費=材料単価×材料使用量
 加工費=所要時間(あるいは加工時間)×加工費率(単位時間当たりの加工費)×(1+一般管理・販売費比率)×(1+利益率)
 運賃は、納入のための製品1単位当たりの納入費用です。ただし、一般管理・販売費比率の中に含めてしまうこともあります。

さらに材料使用量は、正味材料使用量×(1+材料余裕率)で求められます。
正味材料使用量には、製品や部品そのものになる正味量、製作するにあたって必要な正味付加量(たとえば、旋盤加工での切断代や仕上げ代)があります。
材料余裕量(率)は、射出成形のときの試打ちで良品であっても廃棄するロス分や板金加工で定尺材から品目を取り出したときに管理上認められるロス分などがあります。
これらについて、理論的に求めていくことです。

そして、科学的・論理性を持ったコスト(見積コスト)と現状のコストを比較して、その差額を確認し、課題の発見とその対策のための改善計画書の作成、計画の実行へと移し、その結果を評価することになります。
これが、弊社の指導しているコストダウンのすすめ方です。

また、ご質問にあります目標を設定する技術や機能購買の技術、コスト分析・プライス分析の技術、買い方改善の技術などは、部門別に整理して考える必要があります。
たとえば、
購買部門では、開発購買、機能購買、有利購買に分けて考えることができます。⇔機能購買の技術、コスト分析・プライス分析の技術、買い方改善の技術、適正な価格
開発部門では、目標原価による設計活動となると思います。⇔目標を設定する技術、適正な価格

以上簡単ではありますが、お役に立てれば幸いです。