※いずれも質問投稿には会員登録が必要です
個人情報(個人名やメールアドレスなど)が公開されることはありません。


QUESTION 質問No.207

MTシステムで提案されている「変化量」について

設計・開発 品質工学(タグチメソッド) | 投稿日時:
MTシステムは、結果の信頼性が高く、使いやすいと思っています。専用のソフトウェアが用意されていますので、データが揃えば使うことができます。しかし、パターン認識で、採取したデータから特徴化をすることが多くありますが、汎用的な特徴化手段はないと言われています。MTシステムで提案されている「変化量」「存在量」について、解説して下さい。



ANSWER
回答No1 | 投稿日時:

 確かにMT法では特徴量をどのように定義するかで成否が分かれます。
 MT法でよく使われる「変化量」「存在量」は、微分特性とか積分特性とも言います。図を使った方が分かりやすいので、次の解説文を参考にしてください。 
https://www.monodukuri.com/gihou/article/1251