ホーム > 技法解説 > プロジェクトマネジメント > EVM

EVM とは

EV(Earned Value)とは、直訳すれば「稼いだ価値」となります。 例えばプロジェクト計画時に予定した日程が遅れそうになった時に人員や設備を増加して何とか間に合わせたとしても、それは計画どおりとは言えません。 実際に得られた価値と投入したコストを時間軸に沿って評価する事で計画に対する現時点での評価やプロジェクト完了時点での到達予想を定量的に実行する事が可能となり、このEVを使ったプロジェクトの実績と進捗を管理する方法がEVMです。


EVMの解説記事一覧

解説記事はまだありません。

EVMの活用事例一覧

の活用事例はまだありません。


EVMの専門家

氏名 会社名
石橋 良造 株式会社 RDPi 組織のしくみと個人の意識を同時に改革・改善するこ…

EVMで解決できる課題

2件中 12件目
並び替え: 対応度 課題分類


対応度 課題分類 課題
3 設計・開発 開発の進捗管理をしっかりしたい
1 設計・開発 ソフトウェア開発を効率化したい






MONO - モノづくりを愛する起業家達のためのコワーキングオフィス
月刊ビッグライフ21 BigLife21 私たちは全国420万中小企業の代弁者です。
≫広告掲載をご希望の方はこちら