ホーム > 技法解説 > SQC(統計的品質管理) > 応答曲面法

応答曲面法 とは

応答曲面とは目的とする変数に対する複数の設計変数の影響について、より多くの情報を得るために、有限のデータを使って連続的な表面として近似させたものです。 通常、実験計画法(DOE)とともに利用され、複数変数の最適組み合わせを導くのに使われます。 多くの変数が関与する特性の最大/最小値を最小のサンプル数で求める事が可能です。 一般的には設計変数に対する1次あるいは2次式で近似し、最小二乗法で各項の係数を推定します。




応答曲面法の解説記事一覧

解説記事はまだありません。

応答曲面法の活用事例一覧

の活用事例はまだありません。


応答曲面法の専門家

氏名 会社名
石井 一夫 東京農工大学農学府 ゲノム科学、ビッグデータとクラウドコンピューティ…

応答曲面法で解決できる課題

5件中 15件目
並び替え: 対応度 課題分類


対応度 課題分類 課題
1 設計・開発 目標レベルの高い技術を実現したい
1 設計・開発 設計条件の最適化を効率化したい
1 設計・開発 開発期間を短縮したい
1 設計・開発 多元材料で最適比率を求めたい
1 生産 重要管理項目を設定したい






月刊ビッグライフ21 BigLife21 私たちは全国420万中小企業の代弁者です。
MONO - モノづくりを愛する起業家達のためのコワーキングオフィス
≫広告掲載をご希望の方はこちら