「ARIZ」とは

TRIZの体系には多彩なサブツールが含まれるため、自分の課題に対してどのツールをどんな順番で使うのかという問題が当然発生します。 アルトシュラーはその問題に対する一般解を、ARIZというアルゴリズムで提供しました。例えば最終版のARIZ-85では、①問題の把握、②技術的矛盾の定義、③理想的最終結果の明確化、④物理的矛盾の定義、⑤物理的矛盾モデルの作成、⑥資源の活用、⑦問題解決ツールの活用という順番が規定されています。