ホーム > 技法解説 > SQC(統計的品質管理) > 判別分析

判別分析 とは

判別分析とは、過去のデータに基づきいくつかの群を設定し、新たなサンプルががどの群に属すかを特定するための手法です。この判別のための基準を見ることで、データの特徴を知ることが可能になります。


判別分析の解説記事一覧

解説記事はまだありません。

判別分析の活用事例一覧

人材採用を例とした判別分析 (2015-12-21)








MONO - モノづくりを愛する起業家達のためのコワーキングオフィス
月刊ビッグライフ21 BigLife21 私たちは全国420万中小企業の代弁者です。
≫広告掲載をご希望の方はこちら