ホーム > 技法解説 > アイデア発想法 > ワークデザイン

ワークデザイン とは

ワークデザインとは、米国のジェラルド・ナドラー博士によって1959年に発表された、システムを最適なものにするための手法です。従来のIE(インダストリアル・エンジニアリング)において、まず現行のシステムに存在する問題点の発見が問題解決の第1歩であったのに対して、ワーク・デザインでは、そのシステムが満たす必要のある機能をそなえた最も簡単で効果的であることを目指し、その機能、インプット/アウトプット、そして手順、方法、設備などを演繹的に決めていきます。


ワークデザインの解説記事一覧

解説記事はまだありません。

ワークデザインの活用事例一覧

の活用事例はまだありません。


ワークデザインで解決できる課題

19件中 119件目
並び替え: 対応度 課題分類


対応度 課題分類 課題
3 生産 生産スループット、生産量を上げたい
3 生産 多品種少量生産に効率よく対応したい
2 市場品質 市場クレームを未然防止したい
1 企画 海外に生産拠点を設置したい
1 設計・開発 新規な機能を実現するアイデアが欲しい
1 設計・開発 開発日程の停滞、後戻りを防止したい
1 生産 慢性品質不良を解決したい
1 生産 不良発生を未然防止したい
1 生産 製品規格、工程内検査の規格を合理的に決定したい
1 生産 生産原価を低減したい
1 生産 在庫を削減したい(部材、中間、製品)
1 生産 生産リードタイムを短縮したい
1 生産 発注管理を最適化したい
1 生産 安全性の高い生産現場を実現したい
1 生産 事故の再発を防止したい
1 生産 生産情報を正確、迅速に入手したい
1 市場品質 不良品の市場流出を防止したい
1 市場品質 市場クレームへの対応を迅速にしたい
1 全体/その他 業績を上げたい






MONO - モノづくりを愛する起業家達のためのコワーキングオフィス
月刊ビッグライフ21 BigLife21 私たちは全国420万中小企業の代弁者です。
≫広告掲載をご希望の方はこちら