「ワークデザイン」とは

ワークデザインとは、米国のジェラルド・ナドラー博士によって1959年に発表された、システムを最適なものにするための手法です。従来のIE(インダストリアル・エンジニアリング)において、まず現行のシステムに存在する問題点の発見が問題解決の第1歩であったのに対して、ワーク・デザインでは、そのシステムが満たす必要のある機能をそなえた最も簡単で効果的であることを目指し、その機能、インプット/アウトプット、そして手順、方法、設備などを演繹的に決めていきます。