ホーム > 技法解説 > 戦略/マーケティング > BMO法

BMO法 とは

BMO法とは、考案者であるBruce Merrifeld(ブルース・メリフィールド)、Ohe(大江健)の頭文字を取った新規事業参入の成功確率を定量的に評価するための手法です。 まだ始める前の事業について正確な数字や金額は正確に分かるわけがないため、簡易的に評価をします。 具体的には、検討対象とする事業の魅力度(60点満点)と、自社への事業適合度(60点満点)を半定量的に評価するものです。 魅力度が35点以上で、魅力度と適社度の合計が80点以上であれば、事業の成功率は80%以上とされます。 事業がまだシーズやアイデア段階でも評価できるため、複数のテーマを比較する際などに有効です。


BMO法の解説記事一覧

解説記事はまだありません。

BMO法の活用事例一覧

の活用事例はまだありません。


BMO法で解決できる課題

8件中 18件目
並び替え: 対応度 課題分類


対応度 課題分類 課題
3 企画 複数の案から最適なものを選択したい
3 企画 企画構想の変更を防止したい
3 設計・開発 研究開発すべき技術テーマを的確に選定したい
3 全体/その他 業績を上げたい
2 企画 企業戦略・方針にあった製品企画をしたい
2 企画 製品企画を関係部門で確実に共有したい
1 設計・開発 開発日程の停滞、後戻りを防止したい
1 全体/その他 自社の課題を明確にしたい






オープンイノベーション支援サービス | Linkers(リンカーズ)

MONO - モノづくりを愛する起業家達のためのコワーキングオフィス

月刊ビッグライフ21 BigLife21 私たちは全国420万中小企業の代弁者です。