「BMO法」とは

BMO法とは、考案者であるBruce Merrifeld(ブルース・メリフィールド)、Ohe(大江健)の頭文字を取った新規事業参入の成功確率を定量的に評価するための手法です。 まだ始める前の事業について正確な数字や金額は正確に分かるわけがないため、簡易的に評価をします。 具体的には、検討対象とする事業の魅力度(60点満点)と、自社への事業適合度(60点満点)を半定量的に評価するものです。 魅力度が35点以上で、魅力度と適社度の合計が80点以上であれば、事業の成功率は80%以上とされます。 事業がまだシーズやアイデア段階でも評価できるため、複数のテーマを比較する際などに有効です。