ホーム > 技法解説 > 安全工学 > HAZOP

HAZOP とは

HAZOP(Hazard and Operability Studies)手法とは、1960年代、英国のICI社が新規化学プロセスを開発する際に安全を確保するために、設計意図と異なる状態発生を網羅し、それらの影響・結果を評価して、必要な対策を取るために考え出した手法です。 無逆他大小類部早遅前後といった標準ガイドワード(誘導語)を使うことで、効果的に想定外の事象を洗い出すことが可能であり、電気、情報、医療など化学以外の分野でも利用が進んでいます。

HAZOPのセミナー

品質リスクマネジメントにおける具体的・実践的なリスク抽出方法
開催日 (登録日:2017-5-24 / 開催日:2017-8-30)
説明 ~製造部員、試験検査員のための実践的QRMと身近なトラブル事例~ 毎日直に製品に向き合う製造員や試験検査員がリスク抽出の感性を持っていなければ実効性は伴わない! 誰でもが…

HAZOPの解説記事一覧

解説記事はまだありません。

HAZOPの活用事例一覧

の活用事例はまだありません。


HAZOPで解決できる課題

2件中 12件目
並び替え: 対応度 課題分類


対応度 課題分類 課題
3 生産 安全性の高い生産現場を実現したい
1 生産 事故の再発を防止したい






MONO - モノづくりを愛する起業家達のためのコワーキングオフィス
オープンイノベーション支援サービス | Linkers(リンカーズ)
≫広告掲載をご希望の方はこちら