MEMS技術の新規事業応用:小型化、高感度、低消費電力の鍵要素

投稿日

MEMS技術の新規事業応用:小型化、高感度、低消費電力の鍵要素

【目次】

    圧電MEMS(Micro-Electro-Mechanical Systems)は、微細な電子機械システムの一種で、圧電効果を利用して機械的な変位を電気信号に変換し、逆に電気信号を機械的な変位に変換する技術です。今回は、圧電MEMSの主な特徴と応用について説明します。

     

    1. MEMS技術の特徴

    革新的な小型化: MEMS技術は微細なサイズで製造可能で、これは新規事業において製品やシステムのコンパクト化に大いに役立ちます。小型のデバイスは、携帯性や省スペースの要件を満たし、市場での競争力を高めるのに寄与します。一概には言えませんが、小さくなればなるほど低コスト化するという半導体素子と同じような効果もあります。

    MEMS技術の新規事業応用:小型化、高感度、低消費電力の鍵要素

    高感度と高精度: MEMSデバイスは高い感度と精度を持っており、センサーとしての利用に最適です。これは、新規事業が環境モニタリング、品質管理、医療機器、自動車技術、および他の多くの分野で高品質なデータ収集と制御を必要とする場合に特に有益です。すでにスマホや自動車には採用され始めています。

    MEMS技術の新規事業応用:小型化、高感度、低消費電力の鍵要素

    MEMS技術の新規事業応用:小型化、高感度、低消費電力の鍵要素

    低消費電力と長寿命: MEMSデバイスは低消費電力で動作し、長寿命を持つため、新規事業がエネルギー効率を重視する場合や信頼性が不可欠な場合に適しています。これは、バッテリー駆動の製品や無停止動作を要求されるアプリケーションに適しています。

     

    2. MEMS技術の新規事業への応用

    センサー技術の革新: 新規事業はMEMSセンサー技術を活用して、市場での競争力を向上させることができます。高感度のMEMSセンサーは、新しい製品やサービスの開発においてデータ収集と解析の品質を向上させ、顧客満足度を高めます。構造設計によっては新たなセンサとして使える可能性があり応用は広いと考えます。

     

    製品のミニチュア化: MEMS技術は、製品やデバイスを小型化するのに役立ちます。これにより、新規事業はコンパクトでポータブルなソリューションを提供します。小型化は低コスト化と高付加価値化を意味し、従来のものと比較して競争力の高いデバイスになる可能性があります。

    MEMS技術の新規事業応用:小型化、高感度、低消費電力の鍵要素

    MEMS技術の新規事業応用:小型化、高感度、低消費電力の鍵要素

    MEMS技術の新規事業応用:小型化、高感度、低消費電力の鍵要素

    エネルギーハーベスティング: 新規事業はMEMSデバイスを使用して、外部エネルギーを収集し、エネルギーハーベスティング技術を導入できます。これは、バッテリー寿命の延長や環境に優しいソリューションの提供に役...

    MEMS技術の新規事業応用:小型化、高感度、低消費電力の鍵要素

    【目次】

      圧電MEMS(Micro-Electro-Mechanical Systems)は、微細な電子機械システムの一種で、圧電効果を利用して機械的な変位を電気信号に変換し、逆に電気信号を機械的な変位に変換する技術です。今回は、圧電MEMSの主な特徴と応用について説明します。

       

      1. MEMS技術の特徴

      革新的な小型化: MEMS技術は微細なサイズで製造可能で、これは新規事業において製品やシステムのコンパクト化に大いに役立ちます。小型のデバイスは、携帯性や省スペースの要件を満たし、市場での競争力を高めるのに寄与します。一概には言えませんが、小さくなればなるほど低コスト化するという半導体素子と同じような効果もあります。

      MEMS技術の新規事業応用:小型化、高感度、低消費電力の鍵要素

      高感度と高精度: MEMSデバイスは高い感度と精度を持っており、センサーとしての利用に最適です。これは、新規事業が環境モニタリング、品質管理、医療機器、自動車技術、および他の多くの分野で高品質なデータ収集と制御を必要とする場合に特に有益です。すでにスマホや自動車には採用され始めています。

      MEMS技術の新規事業応用:小型化、高感度、低消費電力の鍵要素

      MEMS技術の新規事業応用:小型化、高感度、低消費電力の鍵要素

      低消費電力と長寿命: MEMSデバイスは低消費電力で動作し、長寿命を持つため、新規事業がエネルギー効率を重視する場合や信頼性が不可欠な場合に適しています。これは、バッテリー駆動の製品や無停止動作を要求されるアプリケーションに適しています。

       

      2. MEMS技術の新規事業への応用

      センサー技術の革新: 新規事業はMEMSセンサー技術を活用して、市場での競争力を向上させることができます。高感度のMEMSセンサーは、新しい製品やサービスの開発においてデータ収集と解析の品質を向上させ、顧客満足度を高めます。構造設計によっては新たなセンサとして使える可能性があり応用は広いと考えます。

       

      製品のミニチュア化: MEMS技術は、製品やデバイスを小型化するのに役立ちます。これにより、新規事業はコンパクトでポータブルなソリューションを提供します。小型化は低コスト化と高付加価値化を意味し、従来のものと比較して競争力の高いデバイスになる可能性があります。

      MEMS技術の新規事業応用:小型化、高感度、低消費電力の鍵要素

      MEMS技術の新規事業応用:小型化、高感度、低消費電力の鍵要素

      MEMS技術の新規事業応用:小型化、高感度、低消費電力の鍵要素

      エネルギーハーベスティング: 新規事業はMEMSデバイスを使用して、外部エネルギーを収集し、エネルギーハーベスティング技術を導入できます。これは、バッテリー寿命の延長や環境に優しいソリューションの提供に役立ちます。実際のところ発電量はまだまだ小さいものの、センサや回路の商品電力が下がってきたため上手く組み合わせることでユニークな商品となる可能性があります。

      MEMS技術の新規事業応用:小型化、高感度、低消費電力の鍵要素

      MEMS技術は新規事業の成功に向けて多くの機会を提供し、競争力を高め、市場での立ち位置を強化する手段として積極的に検討すべきです。

       

      関連解説記事:MEMSとは 【厳選記事】

      【ものづくり セミナーサーチ】 セミナー紹介:国内最大級のセミナー掲載数 〈ものづくりセミナーサーチ〉 はこちら!

       

         続きを読むには・・・


      この記事の著者

      藤井 隆満

      基礎研究から商品化まで一直線の開発。 目指す市場と技術のマッチング、知財戦略、バリューチェーンをどうするかということを論理的に考え、開発を加速させましょう。

      基礎研究から商品化まで一直線の開発。 目指す市場と技術のマッチング、知財戦略、バリューチェーンをどうするかということを論理的に考え、開発を加速させましょう。


      「電気・電子技術」の他のキーワード解説記事

      もっと見る
      無線機器の電波干渉と電波強度(無線通信の仕組み)とは

         ◆身近な無線機器の電波干渉と電波強度(無線通信の仕組み) 身近な無線通信には、携帯電話(スマホ)や無線LAN( Wi-F...

         ◆身近な無線機器の電波干渉と電波強度(無線通信の仕組み) 身近な無線通信には、携帯電話(スマホ)や無線LAN( Wi-F...


      超電導とは?原理や応用例を解説

      超電導とはどういう意味か 超電導とは、特定の物質が非常に低い温度に冷却された時に電気抵抗が完全に消失する現象です。この状態になると、物質は電流を全く...

      超電導とはどういう意味か 超電導とは、特定の物質が非常に低い温度に冷却された時に電気抵抗が完全に消失する現象です。この状態になると、物質は電流を全く...


      メカトロニクスとは 

        産業用機械、ロボットの電子化の土台であるメカトロニクス製品は、メカと電子工学が融合して魅力ある機能が生まれ、制御工学によってその機能の...

        産業用機械、ロボットの電子化の土台であるメカトロニクス製品は、メカと電子工学が融合して魅力ある機能が生まれ、制御工学によってその機能の...


      「電気・電子技術」の活用事例

      もっと見る
      新技術の特長活かした新規事業機会創出に向けて

      ※イメージ画像   1. 電子部品業界を牽引 ~ リバーエレテック社  今回は水晶振動子や水晶発振器を中心に業界のリーディングカンパニー...

      ※イメージ画像   1. 電子部品業界を牽引 ~ リバーエレテック社  今回は水晶振動子や水晶発振器を中心に業界のリーディングカンパニー...