新JIS準拠GHS対応SDS・ラベルの超基礎講座

知っておくべき基礎知識から混合物の和文SDS、
ラベルの作成など実務ポイントを解説!


~SDS三法概要/改正JIS準拠/UNRTDGとGHS分類の関係性~


講師


SDS研究会 代表 吉川 治彦 氏

ご専門
 GHS分類、SDS作成を含む化学物質の危険性・有害性の評価、暴露・リスクの評価、
化学物質の法規制・管理、その社会技術への応用

ご略歴
 エレクトロニクスメーカーにおいて、半導体素子、HDD、LCD等の研究開発に従事後、
化学物質評価研究機構にて、化学物質の危険性・有害性評価、暴露・リスク評価に関する研究に従事。
GHS関係省庁連絡会議事業におけるGHS危険有害性分類業務、企業のSDS作成業務、
化学物質管理コンサルティング等を担当。
 大学、各種セミナー等でGHS、SDS、化学物質のリスク評価について講義。
日本心理学会認定心理士(リスク心理学等)。2018年4月より現職

著書
・EU新化学品規則 REACHがわかる本(共著)工業調査会(2007.8)
・化学物質のリスク評価がわかる本(共著)丸善出版(2012.11)
・化学品の安全管理と情報伝達 SDSとGHSがわかる本(共著)丸善出版(2014.4)
・わかりやすいGHS対応SDSの作り方(仮題) 丸善出版(2019.9上梓予定)


受講料


55,000円(税込、昼食・資料付)


■ セミナー主催者からの会員登録をしていただいた場合、1名で申込の場合49,500円、
  2名同時申込の場合計55,000円(2人目無料:1名あたり27,500円)で受講できます。
  備考欄に「会員登録希望」と希望の案内方法【メールまたは郵送】を記入ください。
  (セミナーのお申し込みと同時に会員登録をさせていただきますので、
   今回の受講料から会員価格を適用いたします。)
※ 2019年10月1日以降に開催されるセミナーの受講料は、お申込みいただく時期に関わらず
  消費税が10%になります。
※ 会員登録とは
  ご登録いただきますと、セミナーや書籍などの商品をご案内させていただきます。
  すべて無料で年会費・更新料・登録費は一切掛かりません。


趣旨


 事業者の方々が扱う化学物質は、法規制に準じた対応が必要となるが、
その内容を充分に理解することは容易ではないと思われる。特に、SDSやGHSに関しては、
不安や疑問を持ちながら従事されておられる方々も少なくないのではないかと考えられる。
 そこで、本セミナーでは、JIS改正に対応したSDSやGHSに関する知識を体系的に基礎から学び、
疑問や迷いを生じやすい混合物の和文SDS、ラベルの作成に焦点を当て、
ヒントとなるような知識(グレーゾーンの解決法)が得られる講演を行います。
JIS Z 7252:2019、JIS Z 7253:2019改正のポイントと作成例を紹介し、
GHSと関連性のある国連危険物輸送勧告(UNRTDG)についても解説します。


プログラム


 1.SDSの基礎知識
  1.1 SDSとは
  1.2 SDSの目的 
  1.3 SDSの概要

 2.GHSの基礎知識
  2.1 GHSとは
  2.2 物理化学的危険性
  2.3 健康有害性
  2.4 環境有害性
  2.5 混合物の分類
  2.6 国連文書とその改訂
  2.7 改正JIS Z 7252:2019、JIS Z 7253:2019のポイント
  2.8 改正JISに準拠した混合物のGHS分類

 3.SDSに関連する法律“SDS三法(安衛法、化管法、毒劇法)”の概要
  3.1 労働安全衛生法(安衛法)
  3.2 化学物質排出把握管理促進法(化管法)
  3.3 毒物劇物取締法(毒劇法)
  3.4 化学法規の最新の動向など

 4.改正JISに準拠したSDS、ラベル作成
  4.1 改正JISに準拠したSDS、ラベル作成例
  4.2 UNRTDG(国連危険物輸送勧告)のUN番号とGHS分類の関係性など

 5.グレーゾーン解決のコツ(質疑応答)