有機無機ハイブリッドの基礎と機能性コーティング膜への応用

有機無機ハイブリッドの概要から有機無機ハイブリッド材料の開発例、

機能性コーティングへの応用展開までを解説


セミナー講師


京都工芸繊維大学 新素材イノベーションラボ 特任教授 松川 公洋 氏
(元 大阪市立工業研究所 電子材料研究部長)

【その他 活動など】
ラドテック研究会 会長
日本ゾルゲル学会 理事
ケイ素化学協会 理事


受講料


43,200円 ( S&T会員受講料 41,040円 )
(まだS&T会員未登録の方は、申込みフォームの通信欄に「会員登録情報希望」と記入してください。詳しい情報を送付します。ご登録いただくと、今回から会員受講料が適用可能です。)


S&T会員なら、2名同時申込みで1名分無料
2名で43,200円 (2名ともS&T会員登録必須​/1名あたり定価半額21,600円) 

【1名分無料適用条件】
※2名様ともS&T会員登録が必須です。
※同一法人内(グループ会社でも可)による2名同時申込みのみ適用いたします。
※3名様以上のお申込みの場合、1名あたり定価半額で追加受講できます。
※受講券、請求書は、代表者に郵送いたします。
※請求書および領収証は1名様ごとに発行可能です。
 (申込みフォームの通信欄に「請求書1名ごと発行」と記入ください。)
※他の割引は併用できません。


得られる知識


・有機無機ハイブリッド材料の特性、合成方法
・有機無機ハイブリッド材料の物性評価方法
・光硬化系有機無機ハイブリッドの開発例
・ナノ粒子分散による有機無機ハイブリッド材料の調製方法
・有機無機ハイブリッド材料を用いたフレキシブルハードコート


セミナー趣旨


 有機無機ハイブリッドは、無機ナノ材料と有機ポリマーがナノ分散することで合成することができ、無機物や有機物の単独では得られない特性、それぞれの物性のトレードオフの解消など、機能性材料としての様々な特徴を有しています。それらのナノ分散には、無機材料と有機ポリマーの界面制御が必要で、共有結合や水素結合などの相互作用を活用することができます。無機成分の合成には、ゾルゲル法が一般的な方法として知られていますが、反応性基を持ったシルセスキオキサンやナノ粒子などをビルディングブロックとして用いる有機無機ハイブリッドが注目されています。これらの有機無機ハイブリッドは、コーティング材料として非常に有用で、屈折率をコントルールできる光学薄膜やフレキシブルハードコートなど、応用性に富んだ実用材料として注目されています。
 本講演では、有機無機ハイブリッドの概要と演者らが研究してきた新しいハイブリッド材料の開発と機能性コーティングへの応用展開について紹介します。


セミナー講演内容


1.有機無機ハイブリッドの基礎
 1.1 有機無機ハイブリッドとは
 1.2 有機無機ハイブリッドの合成法
 1.3 有機無機ハイブリッドに期待される特性

2. ポリシルセスキオキサンによる有機無機ハイブリッド
 2.1 ポリシルセスキオキサンとは
 2.2 光硬化系有機無機ハイブリッドの開発
 2.3 エン−チオール反応による有機無機ハイブリッドの開発
 2.4 フレキシブルおよび自己修復性コーティングへの応用

3.ナノ粒子分散による有機無機ハイブリッド
 3.1 ナノ粒子分散の課題
 3.2 シリカナノ粒子空隙を応用した低屈折率コーティング
 3.3 ジルコニアナノ粒子分散による高屈折率コーティング

4.おわりに

  □ 質疑応答 □


月刊ビッグライフ21 BigLife21 私たちは全国420万中小企業の代弁者です。
エンジニアのための役立つ情報サイト