圧倒的成果を上げる「破壊的な質問力」を身に付ける

既成概念や固定観念にとらわれず、
最短で最大の成果を上がるために必要なことが何かを考え、
それをスピーディに具現化できる能力と実行力を学びます


「本質的な質問」は、「良質な答え」を凌駕します!

セミナー講師

ビジネスコーチ株式会社 HR テック担当顧問 兼 エグゼクティブコーチ  板越 正彦 氏

セミナー受講料

 会員:33,000円(本体 30,000円)/一般:33,000円(本体 30,000円)
※会員価格適用については、企業研究会会員が対象となります。
(所属先の会員登録有無がわからない場合、
お申込みの際に備考欄へ「会員登録確認希望」とご記入ください。)
※最少催行人数に満たない場合には、開催を中止させて頂く場合がございます。
※お申込後のキャンセルは原則としてお受けしかねます。
お申込者がご出席いただけない際は、代理の方のご出席をお願い申し上げます。

セミナー趣旨

   最短の時間で最大の「アイデア」を起こすためには、どのような質問が最も効果的だか分かりますか? 
   「やりたいことは何ですか?」「課題は何ですか?」「ゴールは何ですか?」 といった一般的な質問は確かに重要ですが、それだけでは真の意味で相手に「気づき」を起こし、行動を促すことはできません。 
    
いま多くの企業活動において最も求められているのは、組織と事業のイノベーションです。
   組織と事業がイノベーションを起こすためには、まずひとり一人の「思考のイノベーション」が不可欠になります。
   既成概念や固定観念にとらわれずに、最短で最大の成果が上がるために必要なことが何かを考え、それをスピーディに具現化できる能力と実行力が強く求められています。 
    
そのために重要なことは「破壊的な質問力」を身に付け、自らに問いかけ、周囲に問いかける力です。 
   「本質的な質問」は、「良質な答え」を凌駕します。

受講対象・レベル

・部下や顧客とのコミュニケーションにおいて有効な方法を知りたい方
・質問をすることで解決に導きたい方

セミナープログラム

1.なぜ、質問力なのか?      
   (1)優れたリーダーに求められる最も重要な資質とは?      
   (2)大切なのは、正しい答えを提示することではなく、良い質問をすること      
   (3)「良い質問」と「悪い質問」の違い      
   (4)組織の目標達成はあなたの質問からはじまる

2.これまでにない段違いのアプローチ「破壊的な質問力」      
   (1)破壊的な質問力とは?            
            ・相手の「思考の枠」を広げる質問            
            ・相手に「強い気づき」を与える質問      
   (2)破壊的な質問の方程式            
               意図×内容×タイミング×言い方      
   (3)質問の基本とロジックを学ぶ            
            ①オープン質問とクローズド質問            
            ②質問する前に5W1Hで整理する            
            ③NG質問の例            
            ④チャンクアップ(問題をまとめること)とチャンクダウン(問題を分割すること)      
   (4)破壊的な質問力 8つのキーワード            
            ①Short&Silence(短い質問/思考を促す質問)            
            ②Essential(本質的な質問)            
            ③if(もし~だったら/仮説に基づく質問)            
            ④Adverb(副詞の活用)            
            ⑤Repeat(質問を繰り返す)            
            ⑥Review(振り返りの質問) 
            ⑦a Different point of view(視点を変える)            
            ⑧Accent(強弱をつけた質問)      

   (5)<ワーク&エクササイズ>オリジナル質問表を作成し練習してみよう            
            ・うまくやろうとしない            
            ・ほとんど相手に話をしてもらう            
            ・自分の答えに誘導しない            
            ・状況を聞くのは最低限に            
            ・質問は短く            
            ・「あなたはどうしたいのか」をきく            
            ・×「なぜ~できない?」            
            ・○「どうしたら~できる?」      
   (6)<ワーク>あなたが毎日自分に課す「1つの質問」は何ですか?

3.本日の振り返りと質疑応答

※カリキュラムの内容は、予告なく変更になる場合がございます。予めご了承ください。