溶解度パラメータ(HSP値)活用のためのノウハウ最前線

Hansen溶解球の最新利用技術


★ 溶解度パラメータ(HSP値)の応用・実用例・活用ノウハウを習得!
★ 機能性材料開発におけるHansen溶解球の応用と実用例の実際とは?


日時


2018年8月31日(金) 10:30-16:30 【1日間コース】


講師


関西大学 環境都市工学部 教授 工学博士 山本 秀樹 先生

【講師紹介】 SP値、HSP値研究における日本の第一人者。


受講料


1名46,440円(税込(消費税8%)、資料・昼食付)
*1社2名以上同時申込の場合 、1名につき35,640円
*学校法人割引 ;学生、教員のご参加は受講料50%割引。


1日目・2日目どちらかのみのご参加も可能です。
【1日目】溶解度パラメータの基礎とHSP値の測定・計算・評価方法
 https://www.monodukuri.com/seminars/detail/4457
【2日目】溶解度パラメータ活用のためのノウハウ最前線
 このページのセミナー
【2日間通し】
 https://www.monodukuri.com/seminars/detail/4456


セミナーポイント


■ 趣旨
 J.H.Hildebrandが正則溶液理論の研究において定義した溶解度パラメータ(Solubility Parameter:δ[J/cm3]1/2)は、物質(気体・液体・固体)の凝集エネルギー密度の平方根で示される物質固有の物性値であり、SP値として一般に知られています。現在でも、SP値は、物質-物質間の溶解度、ぬれ性、接着性、溶媒中微粒子の分散性の評価に多用されています。C.M.Hansenは、Hildebrand が提案したSP値の凝集エネルギーの項を、それぞれの物質の分子間に働く相互作用エネルギーの種類によって分割し、SP値を、分散力項(δd)双極子間力項(δp)、水素結合力項(δh)として表し、Hansen溶解度パラメータ(以下:HSP値)として提案しました。
 現在、HSP値は高分子-溶媒間、高分子-高分子間などの相溶性評価、ナノ粒子の溶媒中での凝集・分散性評価、各種樹脂の溶媒に対する耐性評価、界面活性剤、イオン液体、液体物性値(表面張力、屈折率、誘電率、熱伝導度、比熱、沸点、融点など)との相関など、幅広く用いられています。また、HSP値は、化学製品の製造工程において、溶質に対する最適溶媒の選択や混合溶媒の最適な組み合わせの選定、さらに、最適混合比などにも有効であることが報告されています。近年、Hansenの研究グループは、分子構造が未知である高分子やフラーレン、カーボンブラック、TiO2などの微粒子・ナノ粒子表面のHSP値を実験的に求める新しい手法として、Hansen solubility sphere法(以下Hansen溶解球法)を提案しており、その汎用性の高さから現在多くの研究者から注目されています。


プログラム


(8)Hansen溶解度パラメータ計算ソフトの応用
14.HSP値計算ソフトHSPiPプログラムおよびJKU-HSPプログラム
 14.1 HSPiPプログラムの紹介
 14.2 JKU-HSPプログラムの紹介
 14.3 JKU-HSPプログラムの新しいパラメータの開発状況
 14.4 JKU-HSPプログラムの推算精度と応用
 14.5 HSPiPプログラムの応用


(9)Hansen溶解球およびHSP値の実用最前線
15.溶解度パラメータ(HSP値)を用いた微粒子・ナノ粒子の凝集・分散性評価
 15.1 微粒子・ナノ粒子表面のHSP値の測定方法
 15.2 シリカ粒子の表面HSP値の測定
 15.3 アミノ基で修飾されたシリカ粒子表面のHSP値の測定
 15.4 シラノール基で修飾されたシリカ粒子のHSP値の測定
 15.5 HSP値を用いたナノ粒子の分散・凝集性の評価

16.炭素材料のHSP値の測定および溶解性評価
 16.1 種々の炭素材料のHSP値の測定方法
 16.2 フラーレン(C60)のHSP値の測定
 16.3 石油から分離された種々のアスファルテンのHSP値の測定
 16.4 カーボンブラックのHSP値の測定
 16.5 炭素材料のHSP値の評価

17.ポリマー、樹脂、オイルのHSP値の測定と溶媒耐性評価
 17.1 HSP値を用いたポリマー、樹脂の相溶性の評価
 17.2 バイオエタノール混合ガソリンのHSP値の測定
 17.3 バイオディーゼルオイルのHSP値の測定
 17.4 HSP値を用いた種々の樹脂の溶媒耐性試験

18.界面活性剤および化粧品材料のHSP値の考え方と測定
 18.1 界面活性剤のHLB値による評価
 18.2 界面活性剤のHSP値の考え方と測定方法
 18.3 UVフィルターのHSP値と相溶性
 18.4 界面活性剤のHSP値による相溶性評価

19.天然物からの有価成分のHSP値と選択的分離への応用
 19.1 天然物に含まれる機能性物質のHSP値の計算および抽出溶媒の選定
 19.2 大豆からのフラボノイド(大豆イソフラボン)の分離
 19.3 ミカンからのLリモネンの分離
 19.4 ハバネロからのカプサイシンの分離
 19.5 ホップからのポリフェノールの分離


(10)Hansen溶解度パラメータの将来展望について
おわりに
 ・溶ける、溶けないを、見極(予測)する意味
 ・Hildebrand溶解度パラメータの応用と限界
 ・Hansen溶解度パラメータの幅広い応用と将来展望
 ・将来期待されているHSP値の応用分野(医学、食品、薬学)
 ・現場における溶解性評価の高度化・迅速化に対するHSP値の価値
 ・溶解に係る新規材料開発のHSP値高度利用の方向性

(質疑応答)


月刊ビッグライフ21 BigLife21 私たちは全国420万中小企業の代弁者です。
エンジニアのための役立つ情報サイト