セミナー修了後、受講者のみご覧いただける1週間限定のアーカイブ配信をいたします。

セミナー趣旨

 UV硬化技術は短時間で容易にインキ、コーティング、接着剤などの高分子材料を得ることができ、量産設備も比較的簡便な仕様とできる汎用性が高い技術である。硬化方法の特性から、種々の基材上への「表面加工」として用いられることが多く、硬化度や力学物性を樹脂単体で評価することが難しい。本講演では、UV硬化樹脂の硬化度に影響する要因や対策について概説し、基材を含む複合部材を用いた硬化度・各種物性の評価手法を紹介する。また、環境負荷低減への取り組みとして、UV硬化に用いられる光源も従来の水銀ランプ方式からUV-LEDへと切り替えられるケースも増えており、LEDを使用する際に注意すべき点についても述べる。さらに、UV硬化樹脂のバイオベース化に向けた取り組みについても研究・開発事例を紹介する。

受講対象・レベル

これからUV硬化技術を導入する企業の技術者、光源をランプ式からUV-LEDに切り替えようと考えている企業の技術者。前半のイントロダクション部分については基礎的な部分から紹介いたしますので、既にUV硬化に関わっておられる方は途中からのご参加で構いません。

セミナープログラム

1.イントロダクション
  1-1 代表的なモノマー・オリゴマー(既存技術範囲内の構造)
  1-2 バイオ由来アクリレートの例(市販品および研究開発品)
  1-3 光開始剤の種類
2.硬化物性に対するUV照射条件の影響 
  2-1 コーティングと接着剤のUV硬化挙動の違い
  2-2 硬化条件とコーティング物性
  2-3 硬化条件と塗膜の耐黄変性
3.硬化不良対策
  3-1 表面硬化性に影響する要因と対策
   ・化学構造と表面硬化性
   ・UV強度と表面物性
   ・膜厚と硬化性
  3-2 内部硬化性に影響する要因と対策
    ・光の吸収と透過について
    ・光開始剤やモノマーの吸収特性の影響
4.着色や濁り
  4-1 着色や濁りの原因
  4-2 モノマー・オリゴマーの影響
  4-3 光開始剤の影響
  4-4 添加剤の影響


高分子,プラスチック,接着,樹脂,粘着,紫外線硬化,WEBセミナー,オンライン

セミナー講師

東亞合成(株) 名古屋工場 技術開発部 博士(工学)佐内 康之 氏

セミナー受講料

55,000円(税込、資料付)
■ セミナー主催者からの会員登録をしていただいた場合、1名で申込の場合49,500円、
  2名同時申込の場合計55,000円(2人目無料:1名あたり27,500円)で受講できます。
(セミナーのお申し込みと同時に会員登録をさせていただきますので、
   今回の受講料から会員価格を適用いたします。)
※ 会員登録とは
  ご登録いただきますと、セミナーや書籍などの商品をご案内させていただきます。
  すべて無料で年会費・更新料・登録費は一切かかりません。
  メールまたは郵送でのご案内となります。
  郵送での案内をご希望の方は、備考欄に【郵送案内希望】とご記入ください。

受講について

Zoomを使ったWEB配信セミナー受講の手順

  1. Zoomを使用されたことがない方は、こちらからミーティング用Zoomクライアントをダウンロードしてください。ダウンロードできない方はブラウザ版でも受講可能です。
  2. セミナー前日までに必ず動作確認をお願いします。
  3. 開催日直前にWEBセミナーへの招待メールをお送りいたします。当日のセミナー開始10分前までに招待メールに記載されている視聴用URLよりWEB配信セミナーにご参加ください。
  • セミナー資料は開催前日までにPDFにてお送りいたします。
  • 無断転載、二次利用や講義の録音、録画などの行為を固く禁じます。

関連記事

もっと見る
  • 2分でわかるイオン交換樹脂の基礎

      地下水のようなイオンを含んだ水を陰イオン交換樹脂と陽イオン交換樹脂に通すと、水の中の両イオンは、イオン交換樹脂によって除去され、イオン...
  • 押出成形とは

      今回は、断面が一定の形をしたプラスチック成型品を連続的に成形する押出成形の概要を解説します。   1.押出成形とは &...