機械加工の実務現場の技術者とコミュニケーションがとれる!!!

~実務現場ですぐ使え役立つモノづくりの機械加工,切削,研削,放電加工,CAD/CAM(3DソリッドCAD/CAE/CAM/CAT/Network技術)などの特徴と加工・選択のポイント~

実務・現場で必須の基礎知識を1日でマスター 

セミナー趣旨

 ものづくりの基本となるのは,機械加工です。その基本技術として,切削,研削,放電加工,CAD/CAM(3DソリッドCAD/CAE/CAM/CAT/Network技術)についての基本を学習します。
 基本学習としてそれぞれの加工の原理の基本のほか,工業材料,焼入などの熱処理,機械製図の基本についても触れます。
 これで,機械加工の現場の技術者とコミュニケーションが取れます。 設計,生産技術,購買部門,営業部門の新人や初心者も,最低限知っておきたい内容です。

セミナープログラム

1.加工方法の概要
 1-1.機械加工法とその目的
 1-2.種々の加工法の分類(除去加工,付加加工,変形加工)
 1-3.工作機械とその種類
 1-4.工具について
 1-5.切削材料(工作物材料)の被削性
 1-6.切削油剤

2.切削理論の基本
 2-1.切削加工とは
 2-2.切削理論の基本
  (1)切削機構上のせん断変形
  (2)切屑(きりくず)の生成
  (3)せん断角と切削速度について
  (4)せん断ひずみ・せん断角とすくい角
 2-3.切屑形態

3.切削抵抗

4.構成刃先,切削条件,加工精度
 4-1.構成刃先
 4-2.切削条件の基本(切削速度,回転数,切込量,送り量)
 4-3.加工精度と工作物表面粗さ

5.切削熱と切削シミュレーション

6.工具損傷・摩耗と工具寿命

7.旋削
 7-1.旋盤とは
 7-2.旋盤の種類
 7-3.バイト

8.ボール盤加工
 8-1.ボール盤とその作業
 8-2.ボール盤の種類と特徴

9.フライス加工
 9-1.フライス加工とは
 9-2.フライス盤の種類と構造
 9-3.フライス加工の工具

10.研削加工
 10-1.研削加工の基礎と機械部品・金型製作
 10-2.研削盤とは
 10-3.研削盤の種類と構造
 10-4.研削砥石の選択基準
 10-5.ダイアモンド砥石とCBN砥石
 10-6.光学式ならい研削加工(プロファイル研削加工)
 10-7.クリープ・フィード研削

11.歯切り盤とそのほかの工作機械

12.放電加工
 12-1.放電加工とは
 12-2.形彫り放電加工の基本知識
 12-3.形彫り放電加工の加工電源方式
 12-4.形彫り放電加工の電気条件
 12-5.形彫り放電加工の加工液
 12-6.形彫り放電加工の加工特性の基本

13.NC(数値制御)工作機械
 13-1.NC(数値制御)とは
 13-2.プログラミング
 13-3.座標系の指令方式

14.工場の自動化のための3DソリッドCAD/CAE/CAM/CAT/Networkシステム
 14-1.3DソリッドCAD/CAE/CAM/CAT/Network(略して3D4CN)システムの必要性
 14-2.従来の部品,金型設計・製作の流れ
 14-3.3D4CNシステムによる部品,金型設計・製作の流れ
 14-4.3D4CNシステムのハードウェアと情報の流れ
 14-5.現状と今後の展望課題


スケジュール
昼食の休憩時間12:00~12:45を予定しております。
※進行によって、多少前後する可能性がございます。
※質問は随時チャット形式で受け付けます。また音声でも可能です。


機会加工,切削,旋削,ボール,フライス,研削,放電,NC,CAD,CAE,web,セミナー

セミナー講師

(株)武藤技術研究所 代表取締役 博士(工学) 武藤 一夫 氏

セミナー受講料

55,000円(税込、資料付)
■ セミナー主催者からの会員登録をしていただいた場合、1名で申込の場合46,200円、
  2名同時申込の場合計55,000円(2人目無料:1名あたり27,500円)で受講できます。
(セミナーのお申し込みと同時に会員登録をさせていただきますので、
   今回の受講料から会員価格を適用いたします。)
※ 会員登録とは
  ご登録いただきますと、セミナーや書籍などの商品をご案内させていただきます。
  すべて無料で年会費・更新料・登録費は一切かかりません。
  メールまたは郵送でのご案内となります。
  郵送での案内をご希望の方は、備考欄に【郵送案内希望】とご記入ください。

受講について

Zoomを使ったWEB配信セミナー受講の手順

  1. Zoomを使用されたことがない方は、こちらからミーティング用Zoomクライアントをダウンロードしてください。ダウンロードできない方はブラウザ版でも受講可能です。
  2. セミナー前日までに必ず動作確認をお願いします。
  3. 開催日直前にWEBセミナーへの招待メールをお送りいたします。当日のセミナー開始10分前までに招待メールに記載されている視聴用URLよりWEB配信セミナーにご参加ください。
  • セミナー資料は開催前日までにお送りいたします。
  • 無断転載、二次利用や講義の録音、録画などの行為を固く禁じます。
  • 受講にはWindowsPCを推奨しております。
    タブレットやスマートフォンでも受講可能ですが、機能が制限される場合があります。

関連記事

もっと見る